エンタメ

馬場ももこアナが清楚な女子アナ幻想を崩しまくる! 「モテ女の典型」と拍手されたワケ

【この記事のキーワード】
馬場ももこアナが過剰下ネタOK、汚部屋公開、彼氏は損保マンでも「モテ女の典型」の理由の画像1

テレビ金沢 オフィシャルサイトより

 4月15日放送の『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系/以下同)に、テレビ金沢のアナウンサー・馬場ももこ(26)が登場。馬場ももこは、水卜麻美(31)や田中みな実(31)といった人気女子アナに比べればまだまだ知名度が劣るものの、テレビ金沢が日本テレビ系列の地方局ということもあり、近年日テレ系の番組で大活躍している。

 その人柄は、これまでの女子アナの「清楚」「優等生」といった典型的なイメージからはかけ離れており、かなり明け透けな言動をする。2017年9月に放送された『今夜くらべてみました』では、「彼氏いるんで」と彼氏の存在をあっさり告白。さらにMCの後藤輝基(43)から彼氏の職業を聞かれると、「損保マン」と回答。さらに「自身の汚部屋」や「除毛シーン」を公開、「雷雨」を「ラー油」だと勘違いしていたこと等を打ち明けてスタジオを沸かせていた。

 18年1月放送の『行列のできる法律相談所』に出演した際には、「アナウンサーとしてのイメージってそもそも何なのかっていうことで。ルールなんてないだろうなと思うんですよ。誰が決めたんですか? それって幻想ですよ、都市伝説ですよ」と一般的な女子アナ像に苦言を呈した。さらに、突然スカートの中から2個の”金箔ゴルフボール”を取り出し、MCを務めていた明石家さんまに「金沢土産です」と差し出した。明石家さんまは「女子の仕掛ける下ネタやない!」とツッコミ、スタジオ中を笑わせていた。

 一方で、同番組に出演していた女優の波瑠(26)は、馬場ももこを「モテる女性の典型」と称し、弁護士の菊地幸夫(60)も「天真爛漫で、ファンの人がいるのわかりますよ!」とドハマり、ブルゾンちえみ(27)も「男子ってこういう人のほうがとっつきやすい」「距離を急激に近づける」と分析していた。一体、彼女のどこがモテるポイントなのだろうか。

 ”天真爛漫キャラ”は時として「下品」と批判されてしまうこともある。しかし、馬場ももこの場合は、すべての言動が至って自然体でわざとらしくない。その飾らない人柄が異性に好感を与えるのかもしれない。さらに、彼女の低めの声質が”好かれる天真爛漫”を演出しているようにも思う。というのも、彼女の声は非常に大きくて快活なのだが、耳に刺さらない。その上、活舌も良いので視聴者は不快感を抱きにくいのだろう。

 そして、各番組で着実に爪痕を残すほどの「頭の回転の速さ」もポイントだろう。それでもガツガツした印象なく、時に「大好きな損保マンがいて~」といったパワーワードをさらっと差し込む。基本的なアナウンス力があり、バラエティ番組でも機転の利いたコメントを残す馬場ももこ。今後は彼女のような明け透けないアナウンサーが業界を牽引していくのかもしれない。

(ボンゾ)

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

[amazonjs asin=”4798048909″ locale=”JP” title=”女子アナに内定する技術”]