連載

渋谷すばるの円満退所は「見せしめ」!? 取材陣に見せた不器用で心優しい素顔

【この記事のキーワード】

 今後のすばるくんは、海外も視野に入れたアーティスト活動をしていきたいらしく、あの歌唱力があれば怖いものナシだろうけど、実際どうなるかは謎。確かに今までのジャニーズの脱退騒動はいつも突然で、会見などもなく、ある日こっそり退所していたってことが多かったから、すばるくんのようにメンバーに送り出される立派な門出はなかったし、まさに事務所が強調する“円満脱退&円満退所”なんだろうけど……事情通たちによると「見せしめ」なんですって。

「これからすばるのような事案が増えるのも困るから、事務所は応援する気なんてさらさらないよ。はっきり言えば『出て行きたいならどうぞ。だけどここまでよ』ってことだよ。SMAPの解散、3人の退所で激しくイメージダウンしたから、今回はそれだけは何としても絶対に払拭したかった。だからお金をかけて豪華ホテルでメンバー揃っての会見にして華々しく送り出したけど、ある意味、見せしめでもある。関ジャニ∞の記念となる夏コンに出ないすばるにとっては、退所までの日々が生き疑獄になる可能性もある。

今のジャニーズ事務所は体制も変わったし、CDデビューできないジャニーズJr.たちだってわんさかいる。年齢だけ重ねてしまって30歳目前に退所を考えているメンバーたちも多い。そんな中ですばるが成功したら、それこそ『俺も俺も』状態になるからね。そんなの許せるはずないし、金輪際“円満”なんて文字は辞書にない事務所だから」

 なんだか寒々しい話だけど、本当にどうなるのかしら?

 すばるくんの歌唱力は折り紙付きだけど、それが残念なことに邪魔をした部分もあったみたいなのよね。今思うと、言葉の端々に「グループにメインボーカル2人はいらない」という思いがあったみたいでね。いつもは軽く聞き逃してしまっていたんだけど、関ジャニ∞は、歌唱力の高いすばるくんと亮ちゃんがメインボーカルを張っているものね。もちろんお互いがお互いをリスペクトしていたけど、あーんまり2人が一緒にいる所は見たことなかったかな。あの怖いものナシの亮ちゃんが珍しく気を使う人がすばるくんで、呼び捨てではなく「すばるくん」呼びだったしね。微妙な距離感で発言にはとても神経を使っていたわ。

 会見で村上信五くんが「すばるは口下手」と言ってたけど、インタビューではいつも真剣に答えてくれてたの。「俺ね、たった一度だけしか会ってない人でも、簡単に縁を切るなんてできないんだ。だって何かの縁があって巡り会ったんだから、すぐにバイバイするわけにはいかない。だけど、上辺だけで付き合うのも嫌い。そんなに人付き合いが得意なわけじゃないのにさ。要するに面倒臭い男なんだよね」って言ってた時があって、それがとても印象に残ってるの。時間がなくてマネージャー氏に急かされても「ちょっと待って。まだちゃんと話が終わってないから」って言ってくれたこともあって、アツ的には“言葉を大切にする優しい男子だなぁ”って感謝することが多かったの。

 まだ世間に名前が知られていなかったデビュー当初のコンサートで囲み取材を受けていた時、リポーターさんが間違って「シブヤさん」と呼んでしまったのだけど、その時もきっぱりと「シブタニスバルです。シブヤじゃありません」とちゃんと主張して。アイドルだと普通はヘラヘラ笑ってネタっぽく否定するんだけど、すばるくんは真剣に訴えていて、すごく凛々しかったのよね。まぁ基本の名前を間違えちゃうリポーターさんもどうかと思うけど、こんな部分でさえ、最初から普通のアイドルとは一線を画していたのかもしれないわ。

1 2 3

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。