エンタメ

菜々緒やダレノガレ明美が暴露してきた“モデル不仲説”を、トリンドル玲奈と河北麻友子が真っ向否定!

【この記事のキーワード】
菜々緒、ダレノガレ明美が暴露してきたモデル不仲説をトリンドル玲奈、河北麻友子らが真っ向否定!の画像1

トリンドル玲奈Instagramより

 4月23日に行われた「ViVi Night in TOKYO 2018 KIRA KIRA PARTY SPRING」の囲み取材に、トリンドル玲奈(26)、河北麻友子(26)、八木アリサ(22)、玉城ティナ(20)、emma(24)の5人が登壇。各所で囁かれているモデル同士の不仲説について言及した。

 記者から「モデル同士は仲が悪いの?」との質問を受けると、玉城は「仲いいと思います。モデルを始めて6年くらいになるんですけど、仲悪い現場は見たことない」とコメントし、emmaも「仲悪い現場を私も見たことがない。ViViモデルはいいライバル関係でもあるですけど、リスペクトし合っていていい関係だなと思います」と同意した。

 そして、トリンドルも「仲いい」と同意し、先日、河北主催で『ViVi』モデルたちがプライベートで集まって“3、4時間ほどのご飯会”を開催したことを明かし「今までみんなでプライベートでご飯ってなかったんですけど、初めて全員でご飯に行けた。本当に仲いい」とコメント。河北は「仲いい仲いいって言っちゃうと、『ほんとは仲悪いの?』って裏を読む記者さんがいると思うんですけど」と会場を笑わせつつ、「この間まで(ViViモデルの)入れ替わりが激しかったんです。(『ViVi』が)35周年ということで12人全員揃ったので、ご飯に行こうということになりました」と経緯を説明した。

 何でも、ViViモデルの中で河北とトリンドルが一番先輩で、河北は「2人のうちのどちらかが声をあげないと始まらない」「玲奈がこういう感じなので、私が引っ張るのですよ!」「パイセン、頑張りました!」と明かすと、トリンドルは「本当にしっかりしていて最強な人と」河北を絶賛していた。

 どうやらモデル同士の関係は、世間が思っているよりもずっと良好な様子。しかし不仲疑惑が定番化した背景には、他ならぬモデルたちの“暴露話”も一因となっている。

 2月28日放送の『良かれと思って!』(フジテレビ系)では、多くの人気モデルが登場。番組に爪痕を残したいのか、さまざまなギスギスエピソードが飛び出した。堀田茜(25)は、ライバルを笑わせないようにするため「肩をグッて押されたりする」と撮影時の小競り合いを告白。複数名が横並びでポーズを決める際は、立ち位置争いのせめぎ合いがすごいそう。また人気ママモデルの向山志穂(32)も「共演モデルの足を蹴飛ばす人がいる」と明かしていた。

 今となっては女優として成功している菜々緒(29)も、当初は暴露話で爪痕を残すタイプだった。2011年12月放送の『しゃべくり007』(日本テレビ系)に出演した際には、放送では規制音が入っていたが、さまざまなモデルを実名で批判していた。「全然テレビと違う人」では、「清楚系じゃないですか? 可愛らしい女の子っぽい感じだけど、すごい口も悪いし、待ちが長いだの文句が多い」と続けた。番組観覧者のタレコミや憶測からネット上では佐々木希と言われている。さらに「私服がダサくて性格が悪い芸能人」との質問には「モデルは結構いますよね」とコメントし、「口説かれた芸能人」「勝負下着を見せた元カレ」等も暴露していた。

 ダレノガレ明美(27)は、2013年10月放送の『ぶっちゃけ告白TV! カミングアウト!』(フジテレビ系)で先輩モデルとの確執を暴露。過去にファッションショーの裏で、ランウェイのルールを守らず、真ん中を譲らない先輩と言い合いになったことを明かした。「アンタ芸歴何年?」「私のほうが先輩なんだよ!」という相手に、「先輩なのに歩き方もわからないんだ」「私がテレビデビューしたらお前のこと絶対言ってやっから」と啖呵を切ったそう。ネット上では、相手モデルはトリンドルだと推測されている。

 またモデルだけでなく、外野の人間もモデルの不仲を告発している。芸能リポーターの駒井千佳子(52)は『全力! 脱力タイムズ』(フジテレビ系)で、カリスマモデル“Tさん”と“Nさん”の争いを語っていた。こちらは恐らく土屋アンナと菜々緒だと言われている。

 さまざまなモデルが“不仲暴露”で他人の足を引っ張りながらも爪痕を残そうとする中、「仲良し宣言」をしたViViモデルの5人。彼女たちには今後も良好な関係を維持して、雑誌を盛り上げていってもらいたい。

(ボンゾ)

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

[amazonjs asin=”B07BZC8B44″ locale=”JP” title=”ViVi 2018年​6月号【雑誌】”]