TOKIO山口達也の飲酒問題を放置してきたジャニーズ事務所の危機管理能力

【この記事のキーワード】

 事務所が山口の酒の問題から目を背け続けた結果、今回の事件が起こったと言っても過言ではないのではないか。加えてこの問題はメンバーのみならずマネジャーも当然知っていたはずだ。TOKIOのマネジメントは、ジャニーズ事務所の副社長である藤島ジュリー景子氏が取り仕切っており、彼女も知っていながらこれを放置したと見られても致し方のない状況だ。共に活動し、この問題を解決したいと願っていたTOKIOメンバーだけが頭を下げるのは筋違いであろう。

 酒で体調を崩し入院中だった山口は病院から仕事に通っていた。この時点でしっかりと休養を取るという判断がなされてもよかった。退院後、マネジャーらの見守りを強化するという動きがあってもよかった。だがもう46歳の大人である山口に対してそうした対応はなかった。年齢的には大人であり、山口の自己責任ではあるが、しかしリスクマネジメントという観点からも、タレントを管理する仕事を事務所が怠っていたことは間違いないのではないか。

 松岡は、「正直あなた病気ですと。自分の置かれている立場と今後のことちゃんと向き合ってくれ、酒が悪いんじゃない、悪いのは彼ですから。その甘さと自分の考えを改めてもらわない限り、話はそれから」と会見場で語っていた。46歳の大人であろうと自分の弱さと一人では向き合えないときがある。山口が本当に被害者への謝罪の意識を持ち、そして事務所が山口に対する管理責任が甘かったと認識しているのであれば、ともに協力し合い、この問題を解決するための治療に取り掛かる必要があるだろう。

 同時に、ジャニーズに所属するタレントで、他にも飲酒や女性関係をはじめとした素行の問題を報道されてきたアイドルは少なくはない。事件化していないだけで、週刊誌やスポーツ紙での報道はこれまでにいくつもあった。そうした諸問題を含め、タレントのマネジメントと危機管理意識を改めて強めることが今、ジャニーズ事務所に求められている。

(鼻咲ゆうみ)

1 2

「TOKIO山口達也の飲酒問題を放置してきたジャニーズ事務所の危機管理能力」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。