エンタメ

石原さとみが若手起業家と熱愛、剛力彩芽も実業家と交際宣言で「芸能人じゃない相手と付き合う利点」

【この記事のキーワード】
石原さとみ 2018年 カレンダー(壁掛け)

石原さとみ 2018年 カレンダー(壁掛け)

 5月9日発売の「週刊文春」(文藝春秋)が、女優の石原さとみ(31)とライブストリーミングサービスのSHOWROOM株式会社代表取締役社長の前田裕二氏(30)の交際を報じている。同誌によれば、二人は大型連休に先んじて沖縄県の石垣島・竹富島でバカンス。石原さとみの所属するホリプロは「プライベートは本人に任せている」としており、交際を認めている形だ。

 石原さとみは10代でデビューした頃こそ突出した人気はなかったが、20代後半に差し掛かってからグッと垢抜け、ブレイク。今最も脂ののっている女優のひとりだ。外見的な美しさだけではなく演技力も同世代では上位。お世辞抜きで新垣結衣と「国民的ヒロイン」級の人気を二分する存在だけに、交際報道にSNSでは早くもショックを受けたと投稿する人が続出している。

 とはいえ、ブレイクと時を同じくして、週刊誌を中心に「魔性の女優」「共演者キラー」とのあだ名をつけられてもいた石原さとみ。佐藤健や岩田剛典との情熱的かつ刹那的な関係が取り沙汰されたのち、山下智久と真剣交際しているとの報道があった。しかし山下とは昨年、交際を終了させたという。今年になって、また山下が石原の自宅を訪問したという週刊誌報道もあったが、現在の彼女の恋人は前田社長なのだろう。

 奇しくも先日、剛力彩芽(25)がZOZOTOWNを運営するスタートトゥデイ創業者の前澤友作社長(42)と交際宣言しており、ネット上では「美人女優はやはり敏腕起業家とそういう関係になるのか」と落胆するような声が大きくなっていた。剛力彩芽に関しては、前澤氏が個人資産約4000億円と目される日本屈指の大富豪ということから「金目当てだろう」との中傷もでていた。石原さとみに対しても「なぜ今度はイケメン俳優ではないのか」と残念がる声が。

 しかし恋愛感情が動くのに、職業や財産は関係ないだろう。ちょうど5月6日放送の「ワイドナショー」(フジテレビ系)で、小島瑠璃子(24)が、そうした恋愛観について持論をぶっていた。剛力彩芽と前澤社長の交際宣言を受けてのトークで松本人志(54)が、芸人のおばたのお兄さん(29)と“格差婚”と揶揄される結婚をしたフジテレビの山崎夕貴アナウンサー(30)を剛力彩芽の対極だと設定した上で、「剛力コースを選ぶのか、山崎コースを選ぶのか」と質問。山崎アナの後輩である久代萌美アナウンサー(24)は「山崎コース」と返答したが、小島瑠璃子は「ウソだ!」と突っ込み、自身は「剛力コース」であると発言した。つまり、「山崎コースは経済力より愛情」「剛力コースは愛情より経済力」という設定での議論なわけで誰に対しても失礼な話であるが、しかし実際、小島瑠璃子のこれまでの熱愛報道からは、恋人に財産を求めているようには見えない。

1 2

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

[amazonjs asin=”B071GX8V8F” locale=”JP” tmpl=”Small” title=”人生の勝算 (NewsPicks Book)”]