乃木坂46生駒里奈卒業コンサートが残念だった理由 リハ不足、サプライズも不発

【この記事のキーワード】

秋元康先生からのメッセージ

乃木坂46生駒里奈卒業コンサートが残念だった理由 リハ不足、サプライズも不発の画像2

生駒里奈著『立つ』(日経BP社)より

 この卒業コンサートでは、アンコール後、ステージ上のビジョンに、総合プロデューサーである秋元康からのメッセージが表示された。そこで秋元康は、バッシングにさらされていたデビュー当初の生駒里奈にインスパイアされ、20133月発売の5thシングル「君の名は希望」の歌詞を書いたのだ……というエピソードを告白。すると日本武道館には、どこからともなく同曲を歌う男性の声が聞こえてきたという。

「大人の男性が合唱しているかのような『君の名は希望』が聞こえてきて、会場は『なんだこれ?』という雰囲気になり、思わず失笑してしまう観客も少なくなかった。その歌声をきっかけにして自然発生的に会場全体が『君の名は希望』を合唱するという流れが意識されていたようなのですが、残念ながらそこまで盛り上がらなかった。つまり、この演出は失敗したわけです。あの歌声が運営サイドが仕掛けたものかどうかはわかりませんが、あまりにもわざとらしすぎ、少なくとも会場はまったくひとつになっていなかった。せっかくの功労者の卒業の舞台なのですから、こんなヘタな演出は控えるべきではなかったか、とさえ思ってしまいましたね」(前出・マスコミ関係者)

 今回の卒業コンサートには、生駒里奈本人の意向も取り入れられていたといい、もしかしたら本人としては満足のいく卒業式であったのかもしれない。しかし、はた目には必ずしもそうとばかりは見えてはおらず、ファンは忸怩たる思いを抱えていたのではないだろうか。

多数のファンを抱える人気グループ乃木坂46だからこそ、問答無用の素晴らしいパフォーマンスを見せてほしかった。日本中で応援しているファンたちを悲しませないためにも、「なぜ生駒里奈という功労者が卒業を決断したのか」という点を、しっかり把握する必要があるだろう。

(青野ヒロミ)

1 2

「乃木坂46生駒里奈卒業コンサートが残念だった理由 リハ不足、サプライズも不発」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。