連載

病院でのお産を否定しまくる自然派出産礼賛の映画が矛盾だらけ

【この記事のキーワード】

 さらに出産でオーガズムに達するというのはあくまでおまけで、要は〈自然派出産サイコ―、病院の出産サイテー〉と言いたいだけって感じ。この手の啓蒙作品お決まりの構図すぎて、盛大にズコー。「革命的なドキュメンタリー」と宣伝しているようですが、めっちゃ既視感ありまくりです。

 確かに世の中には、分娩を「気持ちいい」と感じる人は一定数いるようです。さらに日本の産婦人科医にも、「出産は最高のエクスタシー」と語っている人もいるというウワサ。しかしそれは、膣で吹き矢を飛ばせる人もいるというレベルの〈超少数〉の話。たった数人の話を引き合いに、「これが幸せなお産のありかた」「自然に産めば、エクスタシーも可能!」と力説されても、困っちゃう~。

 作中、日本公開に向けた監督のメッセージも見ることができ、そこでは全力で「フォロー」をしていますが、それがまた陳腐。「気持ちいいお産のあり方に触れ、苦しい医療分娩のあり方に心が痛くなる方が出てくると思います」「でもこの映画は決して、医療を否定するものではない!」「『知らないということを、知ること』を目的にしている」ーーというのです。

 そして「これからの出産現場はどうあるべきか、皆さんと一緒に考えたい」そんな感じのメッセージが文章で流れます。おいおいおい。お産に優劣はない! 病院でのお産を否定しているわけではない! というフォローが、まったく作品に反映されていませんがな。

それって赤ちゃんにとって幸せなこと?

 母親だけでなくパートナーも一体となって出産に向き合う姿は、いいものだとは思います。妊娠中の腰痛やむくみなど、体の不調を夫に訴えても「素人が触るとよくないから~」と逃げ、妊娠や出産に関わろうとしないという話を周りから聞くこともめずらしくないので、そういった態度と比べれば、なんと素晴らしいことなのか。

 しかし「神秘的な出産は、力強さを秘めている」と極端なことを言われてしまうと、わずかな感動もシュルシュル~と消失。スピリチュアルでも自然でもなくても、出産は十分力強いはず。

 会場では「あんなふうに生まれた赤ちゃん、絶対幸せだよね!」と語りあっている女性たちを見かけましたが、「あまたが生まれたとき、オーガズムに達したわ!」と語られたら、少なくともこの日本では嫌悪感を覚える子どものほうが多いのではないでしょうかねえ。しかも外野から、セクハラのネタに使われる地獄展開すら目に浮かんでしまいます。

〈女性の尊厳を大切にするお産が大切〉というを主張はわかりますが、オーガズムを引き合いに出されると、〈幻のエサ〉を鼻先に釣られているようでひたすら苦笑。お産の〈固定概念〉がこれで崩れた! というならば、その思い込みとやらはもともと豆腐くらいのもろさだったのでは、なんて思った次第です。

1 2

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。