連載

二宮和也の天才的なアドリブと洞察力…努力を見せない男の“隠れた努力”を目撃!

【この記事のキーワード】
二宮和也の天才的なアドリブと洞察力…努力を見せない男の隠れた努力を目撃!の画像1

二宮和也

 皆さん、ごきげんよう。アツこと秘密のアツコちゃんです! 4月クールのドラマも中盤戦だけど「やっぱり刑事ドラマ強し」で、テレビ朝日の一人勝ち状態。井ノ原快彦主演の『特捜警視庁捜査一課特別捜査班』がトップを走り、その後を波瑠と鈴木京香主演の『未解決の女  警視庁文書捜査官』が追随、内藤剛志主演の『警視庁・捜査一課長  season3~ヒラから成り上がった最強の刑事!~』と続いて……。視聴率トップ3のドラマタイトルが全部似ているからちょっとゴチャゴチャしちゃうけど、「安定の刑事もの。少しぐらい内容がかぶっても、やっぱり見ちゃう!」と評判も上々。全国津々浦々の老若男女から支持されているのよね。

 当初は渡瀬恒彦さんから引き継いだ「9係から特捜9へ。」のキャッチコピーに「荷が重いよ、胃が痛いよ~」と嘆いていたイノッチだけど、蓋を開けてみれば堂々の首位。渡瀬さんは亡くなる前、体調が思わしくないのに『警視庁捜査9係』のレギュラーメンバー総出の会見を開いて、「僕が美味しいお肉を調達するので、ぜひ来てください」と懇意の記者たちを練馬の東映東京撮影所に呼んでくださったの。大ベテランなのにお席にまで来て「お肉を焼くのはイノッチだから遠慮しないでいっぱい食べてね。イノッチのこと応援してあげてよ」と優しくアテンドしてくださって。今でも思い出すたびに胸がジーンとしちゃうわ。

 このチームはイノッチはじめ羽田美智子さん、津田寛治さん、吹越満さん、田口浩正さん、中越典子さん、原沙知絵さん他、大勢のレギュラーキャストがとても仲良しでいいムードなんだけど、今回は山田裕貴くんやジャニーズJr.の宮近海斗くんが加わって新たな若いファンを獲得したり、やっぱり寺尾聰さんが渋くてカッコイイしね。どこか渡瀬さんの気配を感じる安心安定の刑事ドラマだから、今後もずっと続いていくんだろうなぁ。イノッチもムードメーカーとして現場を盛り上げていて、スタッフも心底ホッとしたんですって。

 各局どこのドラマプロデューサーも頑張っているのに、このご時世だからなのか、どうにも視聴率が伸びなくて「あーあ、刑事ドラマと医療ドラマだけ作ってろってことかよ」なんて愚痴るプロデューサーも多数。テレビ朝日にジェラってるだけなのが、かなり痛々しいわ。

 まぁアツ的にはタイトルがなかなか覚えられないけど、長澤まさみ主演の月9『コンフェデンスマンJP』と、坂口健太郎主演の『シグナル  長期未解決事件捜査班』も推しなんだけど。元気のないフジテレビが大金をかけて作った入魂の月9は、まさみちゃんの弾けっぷりに目を見張るし、かつての月9の勢いを早く取り戻して欲しいと願わずにはいられない優秀作品よ。次クールは上戸彩ちゃんの名前が上がってるけど、このまま繋がっていって欲しいな。月9放送直前の『痛快TV  スカッとジャパン』が面白いんだから、ドラマでチャンネルチェンジされちゃうなんてもったいないもの。

 それと有閑マダムたちがこぞって大好きなディーン・フジオカ主演の『モンテ・クリスト伯ー華麗なる復讐ー』は、もうどう表現すればいいのかしら? 最近は「おディーン様」じゃなくて「おデーコン様」と呼ぶ元おディーン様ファンの先輩女性記者は『モンクリ伯ー加齢なる悲劇ー』とタイトルを変えて呼んでるし、どうしたもんだろ。フジテレビも悲喜こもごもだけど、とにかく1日も早く輝きを取り戻すことを夢見て応援していくからね。

1 2 3

秘密のアツコちゃん

約20年間、アイドル、タレント、女優、俳優、監督や脚本家など、さまざまな業界人とともに仕事をしてきた結果、気づけばとんでもなく情報通に。毎日、テレビ局や出版社、レコード会社や映画会社などに日々出没し、マスコミ界隈をふわりふわりと歩き回っている。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

[amazonjs asin=”B00GMUOTZ4″ locale=”JP” tmpl=”Small” title=”硫黄島からの手紙”]