エンタメ

May J.は「消えた」のか? 一発屋では終わらなかった現在!

【この記事のキーワード】
May J.の 一発屋では終わらなかった現在! CDセールス、ソロコンサートも絶好調の画像1

May J. Instagramより

 歌手のMay J.(29)が7月に「映画音楽」をテーマにしたカバーアルバム『Cinema Song Covers』をリリースする。誰もが知る映画の名曲を、オーケストラや弦楽四重奏、アコースティックな演奏にのせて歌い上げるようだ。May J.は5月10日のブログに「小さい頃から映画音楽が大好きで、私が歌手を目指すようになってから歌っていた名曲がたくさんあったり、まだライブでは歌ったことがないお気に入りの曲もいっぱいあるので、このアルバムをリリースすることを決めました」と強い意気込みを綴っている。

 14年に公開された映画『アナと雪の女王』の主題歌「レット・イット・ゴー~ありのままで~(エンドソング)」での大ヒットが印象強いMay J.は、現在「Yahoo! JAPAN」でMay J.と検索すると関連ワードに「消えた理由」「消えた」「現在」といった言葉が並んでいる。しかし、16年3月には80年代の楽曲を中心にセレクトしたカバー・アルバム「Sweet Song Covers」をリリースし、オリコンランキングで6位。15年に発売したシングル「ReBirth(Faith)」もオリコンランキング11位につけ、オリジナル曲も好調な売上を保持している。そして今年7月から9月には、コンサートツアー「May J. Tour 2018 -Harmony-」を決行予定と、精力的に活動を続けている。

 さらに単独公演以外でも、4月にクリス・ハート(33)のワンマンコンサート、5月に長崎県のグルメ祭「DEJIMA博」、熊本県で行われたコンサート「Music Land pops×classics festival」にそれぞれゲスト出演し、5月13日には大阪で行われた「ハウス食品グループpresents 第12回 母に感謝のコンサート」に、森山良子(70)、南こうせつ(69)、由紀さおり(69)、安田祥子(76)、秋川雅史(50)といった大御所と肩を並べて出演している。

 その他にも、各地のコンサートでとにかく出ずっぱり状態のMay J.。『アナ雪』から4年経過してもこのように活躍しているMay J.は決して一発屋などではない。テレビで見ないからといって「消えた」と考えるのは100%間違っているのだろう。

(ボンゾ)

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。