社会

レイシストにツイッターが正義の鉄槌!〜NYの憎悪弁護士がいかに追いつめられたか。

【この記事のキーワード】

Day 3(5月17日)

 ショロスバーグは弁護士としての担当案件のために裁判所に出向くが、路上でメディアに囲まれ、追い回される。スーツ姿だが季節外れの黒いニット帽を被り、差していた傘で顔を隠し、カメラから逃げ惑う姿がネットにアップされた。

 ニューヨーク・ポストはショロスバーグの担当案件と依頼主の社名を上げ、かつ元クライアントに取材し、「差別言動が原因ではないが、非常な短気であることが分かり、契約を解除した」のコメントを報道。

 エスパイラト下院議員と、ブロンクス区長で、やはりヒスパニックであるルーベン・ディアスが連名での正規の苦情申請書を公開。

 ショロスバーグの事務所の大家が、ショロスバーグへの賃貸契約を破棄すると発表。

「ツイッター・ジャスティス」? 「SNS公開リンチ」?

 以上が3日間の顛末である。

 一連の事態は悪質な人種差別主義者にSNSによって正当な制裁が加えられた「ツイッター・ジャスティス」なのか、はたまた「SNS公開リンチ」なのか。議員と区長による正式な苦情申請がどういう結果を招くのか、ショロスバーグの弁護士ライセンスが剥奪されるのか否か、現時点では不明だが、筆者の考えは「ツイッター・ジャスティス」である。

 思うに、ショロスバーグが弁護士であったからこその炎上であり、もし一般企業勤務などであれば、これほどの騒ぎにはならなかったのではないか。

 中南米系のスペイン語話者に限らず、米国への移民は多くが弁護士に手続きを依頼することとなる。有料の営利弁護士だけでなく、不法移民の救済を無料でおこなう移民支援団体付きの弁護士もいる。いずれの場合も英語が不得手、または米国の移民法に明るくない移民にとっての弁護士は、まさに「命綱」となる。

 ショロスバーグはビジネス法が専門であり、移民法弁護士ではない。しかし「スペイン語での問い合わせもどうぞ」と謳っており(スペイン留学の経験があり、スペイン語が堪能と報じられている)、スペイン語話者のクライアントがいる可能性もある。スペイン語話者にこれほどの憎悪を抱える人間に、果たして公正な仕事ができるのか。スペイン語話者のクライアントに敢えて不利な手配をおこなうのではないか――誰もがそう考えるだろう。

 現在、トランプの個人弁護士が、これも移民法弁護士ではないが、トランプの浮気相手に口止め料を払った(*)、ロシアとの談合にも関与の可能性があるなどの理由で逮捕、起訴されると予測されている。そもそもアンチ移民政策を取り続けるトランプへの不信・反発に加え、弁護士という職業への信用と信頼がことごとく打ち砕かれている今、人々は弁護士に本来の「公正な人間」であることを強く求めているのだ。

(*)ポルノ女優との不倫スキャンダルもみ消しに、妻メラニアを使うトランプ

 対スペイン語話者だけではない。自分と同じユダヤ系のラビに、政治的立場が異なるという理由で中指を突き立てている。行きずりの相手を根拠もなく外国人と決めつけ、いきなり「ファック・ユー!」と怒鳴っている。

 移民や外国人に共感できない性(たち)であったとしても、そのこと自体は個人の問題であり、表に出さず、移民や外国人に不利を被らせたり、危害を加えたりしなければ社会生活は送れる。だがショロスバーグは憎悪や怒りといった負の感情を抑えることがまったく出来ず、公共の場ですら爆発させてしまう。弁護士としてどころか、一般市民としても失格である。

 加えて、いったんこうした映像が出回り、それを社会が放置すれば、他の人種差別主義者たちの差別行動を助長してしまう。

 以上の理由により、今回の件は公開リンチではなく、ツイッター・ジャスティスなのである。

 ちなみに今回、ショロスバーグの事務所や自宅マンションまで公開されたが、家族や親族にまつわる報道や書き込みは一切なかったことを書き添えておく。

Day 4(5月18日)

 金曜日の夕刻、マリアッチ・バンドの演奏がショロスバーグ自宅のあるマンション前でおこなわれた。警察の許可のもと、沿道に数百人が集まり、メキシコやプエルトリコなどの旗を振り、全員が朗らかに笑いながらの陽気な演奏会となった。演奏されたのはメキシコ革命の際にも盛んに歌われた有名な民謡「La Cucaracha」(脚がよろけてまともに歩けないゴキブリを描写した歌詞)。ニューヨーカーは常にユーモアと風刺を忘れないのである。

(堂本かおる)

1 2 3

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。