子役・城桧吏にパルムドール『万引き家族』で注目が集まる今、柳楽優弥が示す「14年後」

【この記事のキーワード】

 522日、スポーツ紙が「城桧吏に世界が熱視線」とのタイトルの記事をインターネット上に発信したところ、すぐに多くのコメントがついた。「あまりちやほやしては、結局は本人が潰れることになってしまう」「持ち上げない方がいい」「柳楽優弥の二の舞になる」との声も多い。しかし紆余曲折あれ柳楽は立派な俳優となった。

 たしかに城の周囲の大人は彼が天狗にならないよう、芸能以外の知識も身につけられるように見守り、導く必要があるだろう。だがだからといって、いわゆる普通のいい子の型に当てはめる必要なんてまったくない。注目されているいまだからこそやってくるオファーはたくさんあるはずだ。奇しくも柳楽優弥は城桧吏と同じく、所属事務所はスターダストプロモーションである。柳楽をマネジメントしてきた同事務所は、今この喧騒をどう捉え、乗り越えればいいのか熟知しているはずだ。

(エリザベス松本)

1 2

「子役・城桧吏にパルムドール『万引き家族』で注目が集まる今、柳楽優弥が示す「14年後」」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。