エンタメ

BOYS AND MENの止まれない勢い!! 和田アキ子と研究生のコラボCD売上急上昇

【この記事のキーワード】

「愛を頑張って」和田アキ子 with BOYS AND MEN研究生

 オリコンのデイリーシングルランキングが、面白いことになっている。522日付のデイリーランキングでは、ジャニーズの新グループであるKingPrinceのデビューシングル「シンデレラガール」が初動318303枚で首位。しかし2位につけているのは何と、和田アキ子の新曲「愛を頑張って」だ。正確には、歌手名は「和田アキ子 with BOYS AND MEN研究生」。初動の推定売上枚数は87163枚となっている。201511月にリリースしたアルバム「WADASOUL」は推定累積売上枚数がわずか423枚に終わっていたことを考慮すると、少なくとも86000枚あまりがBOYS AND MEN(ボーイズ・アンド・メン/以下、ボイメン)研究生のファンによる売上となるのだろうか。

 ボイメンは名古屋を拠点に活動するご当地男性アイドルグループで、2010年に結成。メンバーの脱退、増員もありながら、勢力を拡大してきた。BOYS AND MENとしての59日リリースシングル「進化理論」は141248枚を売り上げており、オリコンランキング最高1位を獲得。間違いなく今、売れている男性アイドルグループのひとつだ。昨年1月には日本武道館公演を成功させ、2月から5月にかけて47都道府県をまわるライブツアーも敢行。ちなみに2016年の日本レコード大賞で新人賞を与えられてもいる。

 そして昨年1月は、新プロジェクトとしてボイメンの弟ぶんとなる研究生の募集が発表され、派生ユニットが組まれた。研究生のうち選抜メンバーが「祭nine.」なるユニットとしてメジャーデビューを果たしており、今回、和田アキ子とコラボした「BOYS AND MEN研究生」は6名。さらに、全国7エリアにて開催したボイメン研究生エリア別オーディションによって誕生した「BMK名古屋」「BMK東京」「BMK関西」「BMK福岡の4グループから選抜メンバー4名を加えた10名のスペシャルユニットとなっている。ちなみにこれは、和田アキ子のデビュー50周年プロジェクトの一環でもある。

 ボイメン研究生のスケジュールはすさまじいことになっており、連日欠かさずファンを集めるイベントをどこかしらで開催。しかも関西・東京・福岡で同時開催といったこともやってのける。『愛を頑張って』の発売記念イベントに関しては、514日の名古屋パルコと渋谷マルイの同時開催を皮切りに、平日も土日も問わず、1日も空きがなく27日まで怒涛のリリイベが続く。それだけ数を打っても、客足があるということがまずスゴイ。和田アキ子は名古屋に足を向けて寝られないかもしれない。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。