エンタメ

宮崎あおい「髪が長い自分は嫌い」「全然清楚じゃない」。イメージに抗っていた17年前の言葉

【この記事のキーワード】
宮崎あおい「髪が長い自分は嫌い」「全然清楚じゃない」イメージに抗っていた17年前の言葉の画像1

最近はまたスーパーロングに(「装苑 2018年 1月号 」文化出版局)

 昨年12月にV6の岡田准一(37)と結婚し、519日に第一子妊娠を発表した宮崎あおい(32)。すでに安定期に入り、秋に出産予定だという。10代から清純派の女優として活躍してきた宮崎あおいは、童顔であり一見すると小柄に見えるが、実際の身長は163cm。人柄も、世間でイメージされている清楚で控えめなタイプではないという。今からさかのぼること17年も前、16歳だった2001年の時点で、自らの言葉で彼女は語っていた。それはイメージビデオ『宮崎あおい〜COLORS〜』に収録されており、現在この作品は「FODプレミアム」で配信中だ。2001年に撮影され20021月に発売された作品で、当時宮崎あおいは高校1年生、ヒロインを演じた映画『EUREKA ユリイカ』が公開された頃だった。

 「思い出になるように」という両親の勧めで4歳から芸能活動をしてきた宮崎あおいは、小学5年生の頃に「ちゃんとやりたい」と思って、「ちゃんと仕事をするように」なり、映画やドラマに出演するようになったという。彼女の知名度が格段に上がったのは、映画『NANA』(2005年)や朝ドラ『純情きらり』(2006年、NHK)で主演を務めた20歳前後の頃だった。しかしそれより以前、10代の頃から映画好き・カルチャー好きの間では当然話題の若手女優であり、高く評価されていた。

 『EUREKA(ユリイカ)』(2001年)や『害虫』(2002年)での宮崎あおいは「影がある暗い女の子」の役で、髪は腰までのロング。10代に人気の青春ラブコメ系の作品よりもやや暗い雰囲気の単館系作品に出演することの多い女優だった。もちろん『ピチレモン』(学研)のモデルなど、10代女子に向けたコンテンツの仕事もしていたが、ミステリアスな存在であったことは確かだ。そして長い髪が印象的だった。

 しかし『宮崎あおい〜COLORS〜』の撮影時には、高校1年生の宮崎あおいは長い髪をばっさり切っている。肩よりも短いラフなボブとジーンズ×Tシャツのカジュアルスタイルの彼女は、長い髪の時とは随分違った印象だ。自身が託されているイメージや女優の仕事について言葉を選びながら語る宮崎あおいはインタビュアーから「写真などのイメージと実際に会った印象は違うと言われる?」と聞かれると、<髪の毛長い時は“不思議少女”って言われて、切った後の印象はあんまり……たぶん普通だから、みんな何も言われない><たぶん髪の毛が長い子ってイメージだったと思うんですけど、今それもなくなって普通に明るく見えるんじゃないかなって思います>と答え、さらに「髪の長い時の自分は好きでしたか?」には、<嫌いでした>ときっぱり。<アレンジができないし、長すぎて気持ち悪かった>とのことだ。

 そして「清楚な雰囲気に見られがちですが――」という問いかけにも<全然違いますよね>と否定。<普通に今高校1年生で、写真とかだとやっぱり静かに見えるかもしれないけど、髪の毛長い時の。そのイメージでそう思って私に会って仲良くなると全然違うだろうなあと>。「普段の宮崎あおい」は、<自己中で頑固で泣き虫><自分がしゃべりたくない時は全然しゃべらないし、しゃべりたい時はひとりでずっとしゃべってる>と、素の自分は、女優として演じる役柄のイメージとは違う存在であるとはっきり主張していた。

 また、女優という職業の魅力を聞かれると、<演技をすることが楽しいっていうよりも、その映画のひとつの現場とか、撮影が終わった時の気持ちとか、友達が増えたりとかっていうのが楽しくってやってるだけで、だから自分の気持ちが乗らない仕事はあんまり楽しくないって思うし、別に演技が大好きなわけでもないです>とドライな回答。<ずっと映画をやってければいいなっていうのはありますけど、でも嫌になったらやめるし>とも言い、優等生的な受け答えはしない。新聞や雑誌のインタビューではないからだろうか。

 「10年後の私」に宛てたビデオレターでは<いい大人になっていればいいな><26歳になってひねくれた大人になっていたら、子供の気持ちがちゃんとわかるみんなに優しい26歳になってほしいと思います>と語っていた。26歳の頃の宮崎あおいといえば、実力派女優としての立場を不動のものにし、プライベートでは離婚を経験した時期だ。そして現在32歳となった宮崎あおいは、2度目の結婚をして第一子の出産を控えている。16歳の頃<嫌になったらやめる>と語った女優の仕事はずっと続けている。

中崎亜衣

1987年生まれの未婚シングルマザー。お金はないけどしがらみもないのをいいことに、自由にゆる~く娘と暮らしている。90年代りぼん、邦画、小説、古着、カフェが好き。

@pinkmooncandy

バナナ&ストロベリー

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。