エンタメ

上地雄輔の「固定ファンを逃さない」ブレなさがスゴかった

【この記事のキーワード】
上地雄輔が俳優兼アーティストとして大活躍!! 固定ファンを逃さないブレない活動の画像1

上地雄輔 オフィシャルブログより

 上地雄輔(39)が着々と活躍の幅を広げているようだ。2011年に『クイズ! ヘキサゴンII』(フジテレビ系)が終了して以降はテレビで見かけることが少なくなっていた上地雄輔、一部では“消えた”などとも言われていた。しかし「オバカキャラ」ではなく、歌手として俳優として実は地道に活動を続けてきた。たとえば今年7月に放送される『連続ドラマW 黒書院の六兵衛』(WOWOW)にも出演している。

 上地雄輔は昨年には船舶免許を取得し、5月8日の深夜に放送された『ごぶごぶ』(MBS系)にて免許取得後の初操縦に挑戦。番組MCの浜田雅功(55)は不安げだったが、ちゃんと運転出来ており快適なクルージングを提供した。もちろん音楽アーティスト“遊助”としての活動も順調。5月30日にはニューアルバム『あの・・こっからが山場なんですケド。』をリリースし、MOOMINやKIRA、山猿といったアーティストと遊turingする(遊助は他のアーティストをフィーチャリングすることを“遊turing”と称している)。

 上地雄輔の人気の理由は“ブレない”活動方針が挙げられるかもしれない。その一貫した姿勢はアルバム名やツアー映像集のタイトルにも顕著に表れている。

『あの・・こんなんできましたケド。』
『あの・・夢もてますケド。』
『あの・・涙があるから愛があるんですケド。』
『あの・・出会っちゃってるんですケド。』
『あの・・旅の途中なんですケド。』
『あの・・お祭りですケド。』
『あの・・こっからが楽しんですケド。』
『あの・・ドリームランドに来ちゃったんですケド。』
『あの・・いま脂のってるんですケド。』

……といった具合に、肩の力が抜けた、一見ふざけているような雰囲気を醸し出しつつ、熱さや無邪気さもストレートに表現。”ヘキサゴンファミリー”として活躍していた当時とまったく変わらない。ただ、上地雄輔は流行り廃りにながされない我流スタイルを貫き通しているため、好き嫌いはわかれるだろう。そのぶん固定ファンも多いはずだ。

 上地雄輔は2015年8月に地元の同級生と結婚し、昨年1月には第一子も誕生したが、以降も定期的にライブツアーを行っており今年も7月から全国ツアーが始まる。ブログには彼が記事を投稿するたびに、熱烈なファンによる数百ものコメントが寄せられ、2012年には「世界で最もコメント数の多い個人ブログ」として認定された。現在は、当時の”1記事あたり平均約5,000コメント”に比べると少ないが、安定した人気を誇っている。

 俳優・タレント・アーティストと幅広い活躍を見せる上地雄輔。5月28日には『帰れマンデー見っけ隊!!』(テレビ朝日系)にゲスト出演するが、変わらぬ姿を見せてくれることだろう。

(ボンゾ)

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。