エンタメ

『モンテ・クリスト伯』が最高潮の盛り上がり!全ては伯爵様の手の上に…

【この記事のキーワード】

 実は再会した時から、真海のことを暖だと見抜いていたというすみれ。さすが婚約者の目は違う。しかしすみれにとって幸男は絶望の淵にいた自分を救ってくれた存在であり、恩人。「悪いのは暖を見捨てた私、恨むなら私を恨んで」こう訴えるすみれに、真海はさすがに我慢ならない様子で「悪いのは幸男だ」と叫んだ。そして言う。「暖が警察に捕まるよう嘘の通報をしたのは幸男だ。幸男が暖を殺した」と……

 茫然自失の状態で、ナイスな夫婦を表彰する「ベストパートナーアワード2018」なるイベントに登壇するすみれ。夫婦がステージに上がる頃、ダニーから「真海を連れ去る」と幸男にメールが送られてきた。しかし屋敷に突入したものの、手下たちはすでに真海に買収されており、ダニーは殺害されてしまう。そんなこととはつゆ知らずアワード会場で幸男が記者たちを前にスピーチしている頃、幸男がショーン夫妻殺害事件に関与しているというニュースが流れ、会場の記者らが騒然。香港の事件は自首をすすめず支えると誓ったのに、「幸男が暖を殺した」と聞かされたことで大きな衝撃を受けたすみれは、ステージ上で離婚宣言。幸男としては「昨日の今日でなんでだよ〜⁉︎」の超急展開である。

 しかし幸男は、仕事と妻を失うだけでは済まなかった。半年前から幸男とすみれのマネージャーを務めてきた江田愛梨(桜井ユキ)が、追い打ちをかける。自分はお前に裏切られたエデルヴァだと告げ、遺書を書いて自殺するよう迫る江田。幸男は素直に、すみれへの愛情を綴った遺書を書き、首をくくる−−。

 一方、波乱のベストパートナーアワード2018の様子が報じられるテレビを見ながら、神楽も気づいた。暖が生きているということに。もうひとり、その確信を持った者がいた。入間だ。ついに警察も、真海の身辺調査に動き出す……

無粋なツッコミはいらない

 ふぅ〜今回も盛りだくさんで一瞬たりとも目が離せなかった。このドラマは色々とツッコミどころが多いが、同時にその全てがどうでもよくなるほどの魔力がある。まあ、よく脱獄できたなあ〜、に始まり、どうやって日本に戻ってきたの? 莫大な遺産をホームレス状態で戸籍もない真海がどうして相続できたの? なんで旧友たちは真海=暖だとわからないの? 今回だとすみれが離婚を決意して出ていくまでが(物理的に)素早すぎではないか? 厳重にセコムされてそうな真海の屋敷にいろんな人が無断で侵入しすぎでは? などなどツッコミが尽きることはない。特に真海の屋敷にはこれまでも、完治や寺門、留美が勝手に上がり込み大乱闘が繰り広げた上、今回はヴァンパが勢ぞろいでやってきたり、すみれが奇襲攻撃をしかけてきた。セキュリティが甘すぎではなかろうか。

 だがそんなツッコミは、この複雑怪奇な復讐劇の前にはどうでもよいものとなる。ただひたすらに、おディーン様が復讐を完遂できるよう祈る気持ちだ。もう待ちきれなくて次回の予告ページを見てしまっている自分がいる。その文章や、そして次回予告の映像から、なんとなく幸男は死んでいないのではという気もしてくる(個人の感想)。先週の留美ばりに、今週の幸男は光り輝いていた。来週は入間の周辺でまた死にそうだ。とくに入間の妻の毒殺魔・瑛理奈の大暴れが見ものである。入間が真海を追い詰めるかと思いきや、真海が一枚上手、な展開に期待だ。全てはお釈迦様ならぬ、伯爵様の手の上であってほしい。練りに練られた復讐劇で本編はハラハラしっぱなしだが、相変わらず公式インスタは和気あいあいとした雰囲気であった。

1 2

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。