エンタメ

木村拓哉の娘・Kōki,にジャニーズ事務所は「名前出さないで。あちらさんの仕切りだから」冷淡対応の理由

【この記事のキーワード】

 そんなKōki,ちゃんのモデルデビューにマスコミが右往左往している最中、「問い合わせばっかりよ」と悲鳴をあげるいつものジャニーズ事務所・Cさんは、電話が鳴るたび「あのね、木村拓哉の名前はそんなに出さないでよ。なんせホラ“あちらさん”の仕切りなんだから」と対応されていて、「あ~、やっぱり全面的に応援するっていうムードじゃないのね」という感じで。

 もちろん静香さんのことだから事前にあれこれ根回しはされて、しっかり了承を得たから華々しいモデルデビュー報道にはなったんだろうけど、どのマスコミも「あちらさんより何より、肝心の木村拓哉のコメントが取れない」と躍起になっているみたいでね。世間の皆さんのKōki,ちゃんへの反応もまずまずだし、木村拓哉が“悪者”から脱却できるチャンスなのに。本当にもったいないわ~。

 大人たちが勝手に周りを嗅ぎ回ってしまって可哀想だけど、これからKōki,ちゃんがどんな活躍をするのか、とても楽しみ。口の悪いカメラマンなんかは「今まで出せなかったけど、かなり前から木村家の娘たちの写真は撮ってたんだ。でもそのうちのひとりが急に背が伸びて足が長くなっててさ。木村拓哉の娘がそんなに大きくなるのか? って不思議に思って『どっちの子だ? 長女か、次女か? 本当に木村の子か?』って噂してたことがあった(笑)」なんて言ってたけど、いまだ成長中で身長が伸び続けているんですって。まだ15歳だものね、容姿も中身もこれからどんどん変わっていくんだろうなぁ。

 とある週刊誌の編集マンは「親の威光もあるけど、最初から運もよかったしね。だってこれでもしも発売が1カ月前だったら、山口達也問題で大揺れしてたから華々しいデビューなんて飾れなかっただろうし。さすが強運だよな」と感心してたけど、ホントそうかも。タイミングも絶妙だったし恐れ入りました!

 あとはやっぱり声が聞きたいわよね。できれば歌声も! 静香さんのお友達の中島美嘉さんや静香ママ自身に楽曲を提供できるぐらいの音楽的才能もあるんだし、楽器だって演奏できるんだから。外国語にも長けているトリリンガルだし、もうひとりでどんだけ持ってんのよ~? そりゃジェラシーから「性格、悪そう!」ぐらいの悪口は言われちゃうかもね。許してあげて! 弱冠15歳でハイブランドに身を包み、800万円以上のフェザードレスをサラリと着こなしちゃってるんだから、一般庶民が嫉妬の塊になっちゃうのも仕方ないでしょ? ごめんなさいね。

 ちなみにその芸名から、関係ないのにうっかり顔が浮かんじゃう田中聖くんがTwitterで「モデルデビューしたのは僕じゃありません」なんてつぶやいていたけど、彼もつい乗っかっちゃったのかしら。こちらも笑ってスルーしてあげてね。

 とにかく今後のKōki,ちゃんに注目あるのみ。そうそう、かつての拓哉パパのドラマ『ギフト』(フジテレビ系)を思い出しちゃったけど、彼女の両目の脇にあるホクロはそれぞれ両親からもらった「ギフト」なんだものね。よくできてるわぁ。結婚直後のコンサートで「ファンの拍手が確実に少なくなった。1万人は減ったね」と苦笑いしながら話していた木村さんだけど、こんな可愛い最愛のギフトが手に入るなんて、その時は考えてなかったよね。私たちも15年後にこんな形で最高のギフトをおすそ分けしていただけるなんて思ってもいなかったけど、遠くからそっと見守らせていただきま~すっ!

1 2

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。