エンタメ

広瀬すずが『海街diary』に出演した5年前から20歳を迎える現在までの間に遂げた成長

【この記事のキーワード】

 成人を迎え大人の女性として成長していくにつれ、これからさらに役の幅は広がっていくのだろう。実際、役の幅を広げていくためにどのようなキャリアを歩むべきかの具体的な行動を示唆するような発言までしている。前掲「日経エンタテインメント!」のコラムで広瀬すずはこのように語っていた。

<最近は、メジャーな作品だけではなく公開館数が少ない作品にも出演している俳優さんの話を聞くと、自分が面白そうだと感じた役を演じている姿は素敵だなと感じます。これからは、自分の中から何か欲が出てきたら正直になってみたい>

 もしかしたら今後は、商業性よりも芸術性に振り切ったミニシアター系作品に出演する広瀬すずというのも見ることができるのかもしれない。

 今年8月には、大根仁監督作品『SUNNY 強い気持ち・強い愛』の公開が控え、また、来年上半期のNHK連続テレビ小説『なつぞら』の主演が決まっているなど、大きい仕事が続々と控えている。今後の活躍も楽しみだ。

(倉野尾 実)

1 2

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。