連載

20代半ばの堅実な女性が「2000万円の車」を購入、そのとき婚約者は…

【この記事のキーワード】
Thinstock/Photo by Gaschwald

Thinkstock/Photo by Gaschwald

 人はいくつもの顔を持っている。仕事で会う相手には仕事バージョンの顔で接し、子育ての局面で出会う人には親としての顔を見せる。質素な生活をして堅実そうだと思っていた婚約者が、ふとしたタイミングで見せた違和感を、トピ主は冷静に観察していた……。ともすれば「女は怖い」のミソジニーにつながる、あまりにも釣り臭いトピではあるが、展開が面白い。キーワードは“高級車”だ。

結婚前に高額なスポーツカーを購入した彼女

 トピ主・マサは30代の士業に就いている男性。年内に結婚する予定の彼女の金銭感覚について相談したいのだという。その彼女は20代半ばで、3年前に合コンで知り合った。参加者の中で一番地味で目立たない子だったが、トピ主と同じく車が趣味とのことで意気投合。交際が始まった。

 彼女は車以外に趣味は無く、食事や旅行も割り勘が多く、家も都心から離れた家賃の安い郊外のアパート暮らし……と、堅実で、今までトピ主が出会った女性とは違っていた。だが……

「そんな彼女ですが、交際当初から学歴と職場を偽っている気がします。彼女からは実在する大学名と企業名を聞かされていますが、会話の中で学生時代や職場の話になると巧みにかわされ、詳しい話を聞いたことがありません。私との格差を気にしてのことかと考え、他に不満もないことから、次第に気にすることもなくなり、その後は順調な交際が続きました」

 そして実家同士の顔合わせも終えた先月、彼女のアパートに行った時のこと。駐車場にはそれまでのイタリア製コンパクトカーではなく、ドイツ製のスポーツカーが停めてあった。前の車と同じナンバーなので彼女の車であることは明らかだ。

 当の彼女は「資産運用で貯めた資金で中古を購入した」と言っているのだが、中古でも程度が良ければ2000万近くする車である。前の車でもおそらく彼女の年収を超えているはずなのだが、今回はかなり高額なだけにトピ主もすぐには信じられなかった。普通の女性会社員が資産運用でこれほど稼げるものなのか、専門外のトピ主には分かりかねている。

「それまでは堅実な印象しかなく、隠された一面を見た気がします。どちらが本当の姿なのか、分からなくなりました。家計を任せるのに不安を感じます。
結婚前に趣味に大金を費やした女性をどう思われるでしょうか?
結婚後は私が家計管理したほうが無難でしょうか?
夫に管理されるのを女性は嫌がるものでしょうか?
ご意見をお聞かせください」

という相談だ。

 う〜ん。個人的に、偽名を使ってみたり経歴を詐称する人は絶対に要注意だと思っているので、経歴を偽っている疑惑の段階で危機感を持たないトピ主に少し疑問を感じてしまう。しかも堅実だという彼女だが、それまでもイタリア製のコンパクトカーに乗っていたところも若干気になる。その上今回ドイツ製のスポーツカーへの乗り換えである。まっっっっっっっったく堅実には感じられないうえ、彼女の収入をはるかに上回るその車の原資はどこから? というところが気になってたまらない。コメントは疑惑に盛り上がりを見せる。

「学歴・経歴詐称するような人間と本当に結婚して大丈夫?」

「学歴と職場を確認した方がよくない? いくら質素に暮らしても一人暮らしでその車を買うだけの給料をもらえる仕事なんて、おかしくない? 20代半ばで大卒ならまだ働いて数年。投資といっても元手がないと」

「というか、それより学歴はともかく職場の詐称はアウトな気がしますが? そのまま勤めるなら世帯年収に直結する問題なので無しだと思います。仮に結婚に際して退職予定だとしてもそこを詐称するってかなり信用出来ない人な気がしますけどね」

「高級車云々もそうですが、それよりも仕事や学歴を偽っていると思われる、信頼関係が構築されてない女性と結婚しようと思っているトピ主さんに驚きです」

「嘘をつく人は絶え間なく嘘をつきます。資産運用でお金を作ったのではないかもしれない。買ってくれる人がいるとか、夜の商売をしているとか。大学名、会社名を騙る人に信頼を置けますか。もう少しじっくり彼女を観察した方が良い」

「なんか、隠された一面があると思います。大学や会社の嘘は気になりませんか? そういう、つまらない嘘をつく人って、細々とした嘘も沢山ついてますよ。叩けば埃だらけで、今まで見ていた彼女の姿が見えなくなるぐらい」

 本当にそう思う! 小さい嘘を二つ以上つく人は信用できない。その一方、実はハイスペックor資産家なのではという楽観的な意見もある。トピ主がプライドの高い男である場合、彼女のほうが(優れた投資家だったりして)収入が上であると、結婚相手として選ばないのではないか、という推測だ。

「もしかして彼女は、高いものを低く偽っているのでは? 学歴、年収など、主さんよりも高い可能性はありませんか? もしくは実家が資産家だったり、不労所得があったり…。
彼女は結婚したら専業主婦になるとでも? そんなスポーツカーを買っている時点でそれはなさそうですが。。。結婚後も働くのであれば、別財布でやっていけば良いと思います」

 いや、トピ文から漂う彼女の怪しさは尋常ではない。絶対になにかある。そんな中トピ主レスが書き込まれた。

「私自身、今回の高額な買い物は彼女の収入・貯蓄では不可能と考えています。
彼女の実家は寂れかけた田舎町の商店街で衣料品店を営んでいますが、とても資産家には見えませんし、土地持ちとの話も聞いていません。また、彼女に資産運用の手段を聞いてもあまり詳しくなさそうな感じでした。車検証を見る限りは現金購入と思われ、大金をどうやって工面したのか疑問でした。私自身、これが解決しない限り結婚には進めないと考えています。
大学を卒業しているのは本当のようです(私にとって学歴詐称はあまり大きな問題と感じてはいませんが、私の両親は私との釣り合いを考え気にするはずです)。
実家を訪れた際、ご両親の口から大学名は出ませんでしたが、卒業式の話(卒業式に出るのを兼ねて観光に訪れたとのこと)が出たので大卒は事実だと思います。
仕事先についてもご両親は彼女が言っている会社で働いていると思っているようです。
とても人の良いお二人で、彼女とグルになってだましているとは思えません。また、その場であえて確認できるような雰囲気ではありませんでした。
彼女は今回の買い物は独身時代の思い出として購入したと言っています。メンテをしながら末永く乗りたいと言っています。
私に黙って購入したのは、反対するだろうからとのことでした。
この車を購入したのは、私が以前から一度でいいから今回の車に乗ってみたいと何度も言っていたからだそうです。
こういう言い方が男心をくすぐります」

 へえ、くすぐられるんですね……。

「彼女は知り合った当初から専業主婦希望と言っていました。
時々家に来ては食事を作って私の帰宅を待っていてくれる家庭的な面と、普段の堅実な生活から、結婚するならこの子しかいないと感じていました。
これが、相手を虜にする常套手段と言われれば、その通りなのかもしれません。ですが、男という生き物はそんなことで結婚を決めたりするものではないかと思っています」

 男という生き物の生態が興味深い。堅実な生活をしているような女性に男性は弱いのか。まあ、そうなんだろう。実は一着5~10万円くらいする洋服でも、華美に見えず清楚で地味っぽい印象ならば「いい子そう」と思う男性もいるだろうし。トピ主の場合、彼女が堅実そうに見えることは、経歴を偽っているという事実すらもかき消すほどプラスに働くようだ。本当に興味深い。

 士業の彼氏に引け目を感じて大学名を偽っている可能性をトピ主は考えているようだが、結婚すればいずれ分かることである。隠し通すことはできないだろう。それに加えて気になるのは仕事を偽っている可能性があるところだ。コメントにあるようにトピ主に言えない仕事をしているかもしれない。早急に確認した方が良いと思う。

「トピ主さんも少しずれてますよね? 学歴や職歴に詐欺のにおいを感じ取っていながら、気にしているのは結婚前に黙って高額な車を購入した点と、結婚後に家計管理を任せない方が良いのかな? とか だいぶのんきな気がします。
きっとトピ主さん自身相当経済力に余裕ありだからなのでしょうね。
お金持ちのパパ(もちろん血の繋がりのない)がいるのかもしれないとか、副業で人に言えない仕事をしていたのかも? とは考えないのかな」

 筆者もこの意見に同意である。さて、ようやく情報収集を始めたトピ主からレスが書き込まれた。婚約者との出会いの場であった合コンの男性側幹事に連絡を取り、結婚する旨を話して、女性側幹事に彼女のことを聞いてもらったのだという。その結果、いくつかの真実がわかった。

「以下、その内容です。

・彼女とは同じ大学である(彼女からもそう聞いています) ただし、私が聞いていた大学とは違う大学
・同じバイトをしていた(居酒屋と聞いていたがキャバクラだった:女性幹事がキャバクラでバイトをしていたのは合コン時に彼から聞いていた) 店では人気のある子だった
・卒業後、自分とは違う会社(私が聞いている会社)に就職した
・就職時、彼女はキャバクラを辞めた  その後、他に副業をしていたかは不明
・学生時代に比べ化粧や服装が地味になった
・彼女からは結婚を機に退職すると聞いている」

 こうした事実の発覚を受け、「昨夜、彼女と電話で話をしました」というトピ主。

「その中で以下の話が出ました。

・会社は秋に退職するので会社関係者は披露宴に呼ばない
・大学時代の友人を呼ぶ(女性側幹事を含む)
・車は現金購入 私が使ってもいいので結婚後の維持費は私負担を希望 維持が難しくなったら売却しても構わない その場合は自分用に一台購入してほしい
・給料と学生時代のバイト代を元手にFXで儲けた  ただし、話した限り知識には乏しそうに思える」

「彼女のことが少しわかりかけた半面、不可解な面も出てきました。特に資産運用に関しては嘘だろうと思います。
購入資金はどこから来たのか? ギャンブル? 愛人? 嫌な想像をしてしまいます。
投稿本文で彼女の事を地味で目立たないと書きましたが、化粧や服装が地味なだけで顔立ちやスタイルはその時の他の参加者に劣るわけではなく、むしろスタイルは抜群でした。そこに堅実な性格が加わることで、彼女に強く惹かれていったのです」

 スタイル抜群で堅実な性格……好きそう~。彼女が外車好きなことだけは(実際に高級外車を購入して乗っているわけで)本当なのだろうし、その「趣味」がトピ主と共通していることも交際に発展した理由のひとつなわけだが、筆者としては彼女の生活と高級外車のアンバランスがやはり気にかかる。FXで上手に儲けることだって可能ではあるだろうが、トピ主は会話の中で「投資や資産運用の知識に乏しそう」と感じている。女だから無理だろ、という決めつけではなさそうだ。

「トピ主が彼女と出会った3年前はまだ新卒で働き始めたばかりのときでしょ? その頃に乗っていた車がアルファロメオ? ふーん、としか言えないね」

 本当に本当に。新卒でアルファロメオに乗っているというのもかなり目立つと思うのだが。その時点ではトピ主は一切違和感を覚えなかったのだろうか。

1 2

ブログウォッチャー京子

1970年代生まれのライター。2年前に男児を出産。日課はインスタウォッチ。子供を寝かしつけながらうっかり自分も寝落ちしてしまうため、いつも明け方に目覚めて原稿を書いています。

twitter:@watcherkyoko

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

[amazonjs asin=”490723418X” locale=”JP” tmpl=”Small” title=”Passione Alfa Romeo (CG MOOK)”]