「専業主婦になりたくない!」vs「専業主婦じゃダメなの?」 悩み続ける女性たち

【この記事のキーワード】

「ベビーシッターに任せるより子供と血のつながりのある祖父母にお願いしたい、という感覚です。もちろんベビーシッター代は払います。

中国の友達に、中国では一人っ子政策で孫は一人しかいないのに両方の祖父母が競って世話係になろうとすると聞いて、なんていい考えなんだろうと思いました。

祖父母を頼るなんて無責任、という意見もありましたが、孫の世話をさせるのはかわいそうなんでしょうか。

自分の母に聞いてみたら『三食昼寝付きなら住み込みで育てる!』そうなので引っ越してもらうのもありかなと思っています。

母は子育てを終えた後も学童でパートをしていて、子供が好きで、信頼できますし。

ということで、今のところの解決策は

・産休だけとってどちらかの祖父母にベビーシッターを頼み、復帰する

・休日は私と夫で精一杯愛情を注ぐ。

だと思っています」

 ええ……(笑)。女は仕事より家庭という価値観に抗っているトピなのに、子供は血の繋がりのある祖父母にお願いしたいって謎すぎる。何で他人じゃダメなの(笑)。この血の繋がりのある家族に子供を見てもらう作戦は、トピ主の中でどんどんベスト案として膨らんでいく。先走りすぎである。

「前のレスで出した結論ですが、考えるほど良いアイディアな気がしてきたので共有させてください

すなわち

遺伝子レベルで似た子供を育てた経験を持つベテランベビーシッターを仲介手数料なしで雇う、という話です

母と義母と(希望してくれれば)父にシフトを組んでもらい、それでも足りなかった分だけアウトソースします

住み込みか通いかで変わるでしょうが、シフトに応じて給料を渡します

・まず親世代にとって

90歳まで生きると考えれば働き手の定年から30年も遊んで暮らすことは不可能なので、結局仕事はしなければならない

孫の世話で数年稼いでから本当の老後を迎えれば年金と貯蓄を合わせて豊かに暮らすことができる

孫の世話をしておけばおばあちゃん子に育てられるので、孫が大きくなっても気にかけてもらえる。娘・息子にもとても感謝される

・次に私と夫にとって

信頼できるベテランのベビーシッターを企業を通さずに(手数料なしで)迎えることができる

仕事を我慢する必要がない。むしろベビーシッター代がかかるので給料を上げるモチベーションが向上する

子供が私達の真似をすれば、本当に働き切ってから2人で孫の子育てを経験できる

・子供にしてあげられることとして

明らかに私より育児の腕が良い人に手をかけて育ててもらえる

子供に分別がつく頃には時間にも余裕が生まれた高給取りになれていると思うので、世界史を習っている最中にヴァチカン美術館に連れて行ってあげるとか、最新のコンピュータを好きなだけ弄らせてあげるとか、私がしてもらえなかったようなことまでしてあげられる

親を見れば女でもキャリアを諦めなくていいのは明らか

小さい頃の育ての親はおばあちゃんで、ドラマにあるようなママ友同士の張合いもないのでのびのび育つ

祖母からは昔話、親からは社会の話が聞ける

なんだかすごく明るくなってきました」

 なんだかぶっとんでるなあ(笑)。もう苦笑いが止まらない。保育園や保育園でも色々な大人や他の子供と関われてとても良いと思うのだが……。この一本気な、柔軟性の無さが今後どう転ぶか気になるところだ。しかもまだ結婚も前なのにここまで考えて……

 こんなコメントがあったが筆者も若干同意する。

「あなたのレスを3つとも読みましたが、若いから仕方がないけど、仕事にしても育児にしても先入観がありすぎで、ひとつも融通を利かせられないという性格では、とても出世はできないと思います。仕事でも優先順位をつけて多少の妥協点を探りながら、成功に向かっていきますよね? なにもかもこれじゃなきゃイヤーではなにも進まない。あなたも彼氏もお子様過ぎます。それをなおさないとどちらも平どまりです。学歴がよくても企業が優良でも関係ない。

とことん自分の思うようにしたいという野心はいいと思います。でもね、それにしては、小心者。いろいろ心配しすぎ。(中略)とにかく今のままの考え方だと、好きな人と結婚できない上に、出世もできないどっちつかずの人生になりますよ。

融通、機転、柔軟性!これ、大事ね!」

 確かに~! そもそも転勤があるかもしれない、二人とも思った通り年収がアップしないかもしれない、なかなか妊娠しないかもしれない、などなど色々と思う通りにいかないのが人生である。でもまあ、いま、何となく明るい気分になっているならいいのか……。

専業主婦はだめですか?

 こちらのトピのトピ主(女性・専業主婦・年齢不明)は、学校を卒業してから20年フルタイムで働いてきたが、20年を節目に、仕事を辞めた。その後は5年くらい専業主婦生活を楽しんだが、また復職しようと考えている。その理由の一つだろう、専業主婦になって、「なんで働かないの?ずっと家にいて暇じゃないの?」と聞かれることが多いという。フルタイムでは働いたことがないか、働いても数年でやめて今はパートタイムの方からよく聞かれるという。

 フルタイムの人からは「許されるなら休めばいい、私もできるならそうしたい」と言われる。だがトピ主が休んでる間の自分のお小遣いは、貯金から切り崩す予定なので夫にはもらわない。それなのに「贅沢だ・楽してる」と言われてしまうのだという。

20年間、朝は始発で出勤し帰りは終電に間に合うように変える生活でした。休日も仕事をし、ボロ雑巾のようです。

やっと人間らしい生活ができるようになったのに、このように言われると悲しくなります。

その人たちが日曜にショッピングモールへ行ったりレジャーを楽しんでいるときに、私は馬車馬のように働いていたことを彼女らは知りません。

その人たちの目線や言葉が怖くて、本当は質の良いものを身につけたりしたいのですが、お金のある人はいいわね、と言われるのが嫌です。

どうしたらストレスなく過ごせると思いますか」

 専業主婦=裕福、という見方をする人は確かに一定数存在していそうだが、直接その本人にそれを言うなんて何だか性格悪いよなぁ~。無視していいんじゃないですかね? そんなことを聞いて来る人って別に深い関係でもなさそうだし切っていいんじゃないですか? コメントでもそんな意見があった。

「人を妬んだら不幸なのに、必ずいますね。こういう人。気配を感じられたら逃げてください!! また『働かないの?』と言ってきます。相手にしないようにしてくださいね」

「専業主婦になれば、近所の人とか特定の親しい人としか接しないはずですが

そんなに批判されるような人と話す回数が多いことがまず不思議。(略)友達は選んだ方がいいです」

「あなたに、そういった『やっかみ』をぶつけてくるのは、あなたにとって大切な人たちなのですか? そうでなければ、何を言われても気にしないことです。

『いいわね』と言われたら、『そうだね、ずっと馬車馬のように働いてきて、このゆったりした時間が夢だったのよ』って言えばいい。

いい物を身につけて何か言われたら、20年こつこつ貯めてきた自分のお小遣いで買ったの、ご褒美に、と言えばいい。

そして心の中で毒づけばいいです。『あんたには関係ない、自分の人生自分で決めて何が悪い?』って」

 そうだそうだ~。そして2つ目のコメントほんとうに同意する。

「少し乱暴ですが、人の考えは人それぞれなので、言いたい人には言わせておこうと思います。

それにも増して心温まるご意見をたくさん頂き感謝です。自信を持ってやっていこうという気持ちになれる返信をくださり元気が出ました。

これにて失礼致します」

とお礼を書いてトピが閉められたが、いったいどういう交友関係なのか若干気になるトピ主であった。

「かつてトピ主さんは、馬車馬のように働いていたころ、専業主婦(パート主婦もふくめて)を見て、楽そう、暇そう、贅沢してるとは思われませんでしたか?

かつての自分の思いが今の自分を評価しているにすぎないのに、自分の評価を他人の評価だと勘違いしているのではないですか?」

 なんていう指摘があったが、確かにトピ文を読み返すと「パートタイムの方から言われる」と、フルタイムではなくパートタイムの人に妬まれるというように読める書き方をしている。トピ主はひょっとしてフルタイムで働いてきたことに誇りを持つがゆえに専業主婦であることに対して負い目を感じていて、パートタイムを見下しているのだろうか、なんだかそんなことがちょっと気にかかる。

(ブログウォッチャー京子)

1 2

「「専業主婦になりたくない!」vs「専業主婦じゃダメなの?」 悩み続ける女性たち」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。