ライフ

セブン-イレブンの新「公式アプリ」 その使い勝手は?

【この記事のキーワード】

セブン-イレブンの新「公式アプリ」 その使い勝手は?の画像6

東京都渋谷区内のある店舗では、このようなチラシを店舗前で従業員らが配布し、プロモーションしていた。(チラシは、wezzy編集部員が入手したもの)

iPhoneユーザには致命的な使い勝手の悪さ

 大々的なプロモーションを仕掛けた割に、このような中途半端な使い勝手になってしまった理由として、アプリとnanacoカードが連携可能でありながら、iPhoneでのnanaco決済ができないことが大きいのではないだろうか。アプリに登録したnanacoカードやnanacoモバイル(Androidのみ)で支払いをした場合にはアプリを提示しなくてもバッジが獲得できるのだが、iPhoneユーザーの場合は結局nanacoカードを持ち歩かなくてはならない。「nanacoカードとアプリの連携」と聞いて、アプリ画面でレジ決済ができると期待していたユーザーには当て外れとなった。

 ちなみにローソンの公式アプリを使用した「ローソンスマホペイ」では、レジを通さずに自分のスマホで商品をスキャンして決済できるというサービスの実証実験がスタート(現在都内3店舗のみ)しており、今後の本格導入が期待されている。

 とはいえ、今回のセブン-イレブン公式アプリは、近所に店舗があり、もともとよく利用している人にとって、入れておいて損はないアプリであることは間違いないだろう。企業側としても、アプリの利用者登録による消費者行動のマーケティング目的だけならば、今のままのアプリ機能でも十分かもしれない。ただ集客力アップを狙うのであれば、決済方法の簡略化やデータの即時反映など、消費者のニーズをくんで使い勝手を改善する必要があるだろう。さらなる魅力あるアプリに成長することを期待したい。

(文/白井月子)

1 2

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

[amazonjs asin=”4022737506″ locale=”JP” tmpl=”Small” title=”セブン-イレブン 金の法則 ヒット商品は「ど真ん中」をねらえ (朝日新書)”]