エンタメ

関ジャニ∞渋谷すばるがいよいよラストセッション! 怒涛の3日間がアツい

【この記事のキーワード】
関ジャニ∞ オフィシャルサイトより

関ジャニ∞ オフィシャルサイトより

 7月8日放送の『関ジャム 完全燃SHOW』(テレビ朝日系)で、関ジャニ∞の渋谷すばる(36)が番組を卒業する。ファンからは惜しむ声が上がっているが、同番組放送までの3日間で、渋谷すばるおよび関ジャニ∞は怒涛の活躍を見せる。この“最後の3日間”を存分に楽しむしかない。まず本日7月6日には『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)の2時間SPに出演。「がむしゃら行進曲」と「NOROSHI」の2曲を披露する。

 「がむしゃら行進曲」は“学校のチャイム”をモチーフにしたメロディーラインが印象に残るアップテンポな楽曲。MVのラストには高校の卒業式で踊る場面があり、“卒業ソング”としてもお馴染みだ。

 そして「NOROSHI」は関ジャニ∞のバンド演奏が光る楽曲。ベース・丸山隆平(34)のスラップ奏法から始まるゴリゴリのロックチューンで、渋谷すばるはリズムギター兼ボーカルとしてステージを盛り上げる。『ミュージックステーション』で生演奏が披露されるのかはわからないが、きっとエネルギッシュなセッションを見せてくれるだろう。

 思えば渋谷すばるの存在を世に知らしめたのも『ミュージックステーション』だった。彼はジュニア時代に同番組への初出演を果たして、「愛してる愛してない」をソロで披露。圧巻のパフォーマンスで視聴者を釘づけにし、たった一夜で「東の滝沢、西のすばる」と呼ばれるまでのアイドルになった。そして2015年には“関ジャニ∞”の看板を背負ってソロ出演。ソロデビュー後の1stシングルに収録された「記憶」を熱唱し、人々を驚かせている。

 今回の『ミュージックステーション』は、そんな渋谷すばるが“関ジャニ∞”として出演する最後のMステ。7人でどのようなパフォーマンスをするのか、しっかり目に焼き付けたい。

 7月7日には『THE MUSIC DAY』(日本テレビ系)に登場。こちらも関ジャニ∞として出演し、「ジャニーズメドレー」という企画に参加する。同企画はV6、嵐、NEWSといった合計9組のジャニーズユニットが、シャッフルで平成30年分のジャニーズソングを披露するというもの。関ジャニ∞が何を歌うのかはまだわからないが、先輩・後輩を交えた豪華コラボには期待しかない。

 そして7月8日はいよいよ『関ジャム 完全燃SHOW』でのラストセッション。この日は番組初の“生放送”が行われ、「7人で最後にやりたい曲」が演奏される。また東京スカパラダイスオーケストラをゲストで迎えて、「無責任ヒーロー」も生披露。渋谷すばるの番組卒業を祝うにふさわしい、豪華なセッションになりそうだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。