エンタメ

柴崎岳と結婚の真野恵里菜、女優として「これから」の時期に認めた事務所の懐の深さ

【この記事のキーワード】
真野恵里菜Instagramより

真野恵里菜Instagramより

 サッカーワールドカップロシア大会で日本代表選手として出場し大活躍した柴崎岳(26)と、女優の真野恵里菜(27)の結婚が大きく報じられた。交際期間は約1年半で、ベスト16で敗退した柴崎は75日に帰国したが、その後そろって双方の実家を訪れて結婚のあいさつを済ませたという。スポーツ紙が大々的に報道するということは、タレントの所属事務所からも情報公開のGOサインが出ていると見ていいだろう。

 しかし報道によれば、結婚後に真野恵里菜は女優の仕事をセーブし、夫となる柴崎岳ともに海外で生活する予定だという。柴崎は昨年7月から、スペイン1部リーグのヘタフェCFに在籍。今後の去就はわからないものの、海外リーグでプレーを続ける可能性が濃厚だ。夫婦で同居するのならば、真野恵里菜が日本を拠点にした女優活動をこれまでどおりに続けていくことは難しい。

 10代からソロのアイドルとして活動し、この12年で急激に女優として活躍の場を広げていた真野恵里菜。今年は特に『不能犯』『坂道のアポロン』『BLEACH』など出演映画が多く公開され、冬には主演映画『青の帰り道』の公開も控えている。所属事務所としては、これから30代に向けての数年間は勝負どころと捉えていただろう。しかしプライベートでの転機を迎え、これまでのように仕事ができなくなるとしても、事務所がその決断を止めることはしなかったということになる。

 育成に力を注いだ女優やタレントがようやく花開き、投資を回収できる段階になったにもかかわらず「結婚」という選択をしようとする場合には、所属事務所からストップがかかるという話はしばしば聞く。最近では、先日、妊娠と結婚を発表した相楽樹や、昨年結婚・この春に出産した武井咲がそうだ。事務所幹部が相手男性に激怒、という噂も業界を駆け巡る。タレントにとっては理不尽な話だと思うのだが、であればこそ余計に、真野の事務所の懐の深さが際立つ。

 ひとつ気になるのは、毎週のように東京ディズニーランドまたはディズニーシーに通うディズニーマニアの真野恵里菜が、スペインへ飛べばもう毎週のディズニー通いが出来なくなってしまうということである。ヨーロッパにはフランス・パリにディズニーランドとウォルトディズニースタジオの2つのパークがあるが、さすがに毎週遊びに行ける距離ではなさそうだ。とはいえ、ディズニーランド・パリは、ロマンチックなピンク色の「眠れる森の美女」のお城など、ディズニー通なら一度は足を運びたいたまらない場所でもある。新天地でもディズニー愛を炸裂させ、楽しく新婚生活をスタートさせるかもしれない。

ヒポポ照子

東京で働くお母さんのひとり。大きなカバを見るのが好きです。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

[amazonjs asin=”B07DXRW6RY” locale=”JP” tmpl=”Small” title=”TDR35周年の夏パークで遊ぶ!大特集号 2018年 08 月号 雑誌: ディズニーファン 増刊”]