田原俊彦や近藤真彦が「マスコミ大嫌い」になるのも自然な80年代アイドルの事情

【この記事のキーワード】

 それからのご縁で何度かすっとこどっこいなアツの取材を受けてくださった優しいトシちゃん。いつも滑らかなリップサービス満点のインタビューで、取材嫌いなんて聞いていたのがウソのよう。そう言ったら「いや、昔は本当に大嫌いだったのよ。でもほら"いろいろ"あって俺も大人になったから。マスコミと俺たちって持ちつ持たれつの関係だからね。毛嫌いしてた昔は分からなかったけどさ」って。NG質問もなしで何にでも答えてくれて、でもどんなに突っ込んでもジャニーズ事務所への恨みつらみは最後の最後まで1回も言わず。「俺もとんがってたからやり方がちょっと下手だっただけでね。だけどステージはずっと続けていくし、たまには女子ともデートしたいよ。モテるためにこの仕事をしてるんだからぁ。当たり前でしょ」なんて話してて。トシちゃんはいつまでも経っても、トシちゃんなんだなぁと嬉しくなったものよ。

 で、なぜこんな昔話を思い出したのかというと、6月23日に放送された『サワコの朝』(TBS)に出演したトシちゃんが、事務所を退社したあとの苦境を「それは人のせいにするんじゃなくて、あの時に僕に力があれば、全然そんなの吹き飛ばせたと思うし。干されたって気持ちじゃなくて、いや干されたのは俺に力がないからでしょうっていう…」とサラリと話されてて。もう何という男前な発言なんでしょう。案の定、トシちゃんファンの先輩記者は朝から大号泣したらしく、「だからトシちゃんが好きなのよ。痩せ我慢はしても決して弱音を吐かない所が」と涙ながらに言っていて、アツもジーンとしちゃったわ。

 ここまでサラッと言えるようになるには長い長い年月が必要だっただろうに。そしてそんなトシちゃんを表から&影から支えて来たファンの皆さんは本当に凄いわ。来年のデビュー40周年には大きなイベントが待ち受けていそうで楽しみよ。キングカズこと三浦知良さんが親友だったり、爆笑問題の田中裕二さんが大ファンを公言していたりと、業界内人気の高いトシちゃん。今や『爆報!THE  フライデー』(TBS)などレギュラー番組も持っているし継続は力なりよね。潰れない本物の強さがあるという証拠かも。トシちゃんはライブでもファンとの距離が近くて、愛があるからこその「また来たの?    家は、ダンナは大丈夫?   他に楽しみないの?  ヒマだね~」なんてツンデレ発言を連発させて仲を深めていくんですって。"ビッグ発言"というよりは"ビックリ発言"満載なんだから。

1 2 3

「田原俊彦や近藤真彦が「マスコミ大嫌い」になるのも自然な80年代アイドルの事情」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。