田原俊彦や近藤真彦が「マスコミ大嫌い」になるのも自然な80年代アイドルの事情

【この記事のキーワード】

 この辺りは"たのきんトリオ"で一緒だった近藤真彦さんも同様で、マッチさんのディナーショーでは「みんなも俺と同じ年月を生きてきてるんだから、後半はグダっとなるでしょ、疲れるよね。といって、俺が近くを通る時、お触り禁止よ。あなたたちね、昔よりずっと力だけは強くなってきてるんだから少しは自覚してよ~()。ちょっと触っただけのつもりが、結構な力で掴んできてるんだからね。俺は痛いっつうの」なんていう毒舌が放たれて、それをファンはキャーキャー言いながら騒ぎまくって本当に楽しいのよ。マッチさんだって聞けば「昔は忙しくて取材が嫌いでさ。カメラマンの高いカメラをプールに落としちゃったことがある。その時、俺は笑っちゃったけど、あとでとんでもなく叱られた」「アイドル全盛期の俺じゃなくてよかったね。今だから取材も大人として受けられるもん」って言ってるけど。たぶん80年代アイドルの忙しさはハンパなくて「人間の生活じゃなかった」って、みんな口を揃えるもの。途中から道は違ってしまったけれど、トシちゃんもマッチさんもそんな多忙な時代を経て、今は本当に大人の男として余裕もあるし、パフォーマンスも相変わらずかっこいいしね。現役ジャニーズアイドルみんなの良きお手本になっているのも納得よね。

 時代が時代なら独立した稲垣吾郎くん、草なぎ剛くん、香取慎吾くんも"忖度好きなマスコミ"の餌食になっていたかもしれないけれど、新しい地図があって本当によかった!    まぁ確かにテレビ番組に出演する機会はめっきり減ってしまったけど、CMでは毎日のように姿が見られるし、SNS等の発信で現状が垣間見れるし。ONE OK   ROCKTakaだって、昔はNEWSのメンバーだったとか、森進一さんの長男だという事実を忘れちゃうぐらい大活躍中だし、退社が迫ってきた渋谷すばるくんにも、時間はかかるかもしれないけど何事にも負けずに、これからどんどん新しい世界を見せて欲しいな。

 最近は"ビッグ発言"の誤解も溶けて、そのせいか露出も増えてきたトシちゃん。来年のデビュー40周年は「上司に反対されても絶対に取材に行く!」と今から息巻いてる先輩女性記者について、アツも久しぶりにトシちゃんに会いに行ってみようかなぁ。薔薇の花束でも持って……

1 2 3

「田原俊彦や近藤真彦が「マスコミ大嫌い」になるのも自然な80年代アイドルの事情」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。