エンタメ

吉岡里帆に「売れたら脱がないの典型」と難癖 本人の危惧がそのまま現実に

【この記事のキーワード】
ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』公式Instagramより

ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』公式Instagramより

 717日にスタートする連続ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』(フジテレビ系)に主演する女優の吉岡里帆(25)が、プロモーションのためフジ系列のテレビ番組をはじめ、雑誌やwebなど多くのメディア露出をこなしている。そのひとつに、711日発売の「週刊少年マガジン」(講談社)への表紙・巻頭グラビア登場があったが、これに「売れたら脱がないの典型」「ただでさえ女子人気無いくせに男人気も減らすか」といったコメントがネット上で寄せられている。

 さらにオンラインメディア「アサゲイプラス」では、<吉岡里帆、漫画誌最新グラビアが期待外れすぎて「面倒くさい女優」認定か>と題した記事で、「週刊少年マガジン」のグラビアが水着ではなくオール着衣だったことで<男性ファンの期待を完全に裏切る形となった><もはや読者のためではなく、吉岡自身の自尊心を満たすことが目的なのでは><つい2年前まではEカップバストの水着グラビアで人気を博していたのに、もはや『私はドラマ主演女優』という雰囲気を醸し出しているようで、変わり身の早さには感心>といった内容だ。

 <せめて「きみが心に棲みついた」の時と同様に、作中での肌見せに期待したいところ>ともあるが、『きみが心に棲みついた』で吉岡演じる役が下着姿でランウェイを歩くシーンがあったのは、原作のストーリーに沿っているからであり、男性視聴者へのサービスという意図ではないだろう。なぜあれが「男のためのサービスシーン」、ひいては「男に媚びてる」と受け取られるのかさっぱりわからないのだが、世間ではそのように受け止める声も多かった。

 さて、吉岡里帆に対する「売れたら脱がないのか」というブーイングは、彼女が水着グラビアを撮影する際に抱いていた不安がそのまま現実になってしまったものといえるだろう。

 2015年の「週刊プレイボーイ」(集英社)インタビューで、吉岡里帆は「グラビアの話を最初にもらった時は抵抗があったのでは?」と質問されて<実は…泣いちゃいました。あははは><だってグラビアに出るなんて人生で一回も考えたことなかったから(笑)。でも自分にとってこれもチャンスなんだなと思えたのでやらせていただくことにしました>と答えていた。水着姿で週刊誌のグラビアを飾ることについて『絶対私にはできない』と、マネジャーとの電話で号泣したのだという。

 また、CINRAの運営するweb媒体「She is」での、友人でシンガーソングライターの吉澤嘉代子との対談で、水着グラビアについて振り返ったことは、大きな話題を呼んだ。グラビアで着用していた水着の「紐の細さがすばらしい」という話を振られた吉岡里帆は、

<あの時間もある種、文字通り切り売りの時間だったんです。だって私は水着姿なんて絶対出したくなかったし、両親からも、『本当に結婚するような人にしか見せちゃだめ』という教育を受けてきたから。それを、全国区の、ワンコインで買える週刊誌で披露して、1週間後には廃棄処分されて。こんなに脱いでも、翌週には別の女の子のことを見るんだろうなと思うと、自分のその『旬すぎる時間』みたいなものがすごく辛かったです>

と、当時の心境を吐露していた。

 この話をすると<ファンでいてくれる方たちはすごく怒る>そうで、<応援している人をバカにしてる>という手紙が送られてきたこともあるというが、吉岡は怯まず真摯に本音を伝えようとしていた。

<やりたくないというのは私の偽れない本当の気持ちで、でも、そう思いながらも脱ぐことに意味があると思っていました。嫌なんだけど、自分の夢をつかむために、それをやってほしいと求めてくれる人がいる以上、その人たちに応えるのが私の生き方だということに抗えなかったんです>

1 2

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

吉岡里帆写真集 so long