連載

インパクト大のデタラメ情報で女性を惑わす妊活雑誌、ノリは軽いが罪は重い

【この記事のキーワード】
SpiYakou106a

Thinkstock/Photo by Halfpoint/Photodisc

<妊活雑誌を買ったら、頭がくらくら。「妊活ベビ待ち茶」「子宮の冷えを和らげるパンティライナー」「日本人は卵巣と子宮がつぶれがち!」どうかしてる。>

ーー私がこうtwitterで発言したところ、1270件という、そこそこの「イイね!」をいただきました。引用コメントに特に目立ったのは、「こういうノリにうんざりしていた」なる声。

 さてちょっと検索すればバレバレですが、この妊活雑誌の正体は、主婦の友生活シリーズより先月発売されたムック本『赤ちゃんが欲しい 2018夏』。

 特別第一付録は「巡りUPで子宮イキイキ! 夜ふんパンツ」。「夫婦でタイミング砲!」なる特集タイトルと相まって、ゲスなネタで盛り上がりがちなまとめサイトで「妊活本、ほぼ18禁本」と【朗報】扱いされている始末です。は~、すごい。

 表紙を眺めているだけでも十分頭が痛くなってくる内容ですが、深呼吸して平静を保ちながら、さらなる詳細をご紹介していきましょう。以下、トチ狂い度の高い特集ベスト3を、勝手にランキング!

トンデモ妊活記事3位「妊活占い」

 占いは、女性誌の巻末に掲載されるのがほぼお約束になっている定番コンテンツ。同誌においては当然のごとく、妊活がテーマです。

 巷には〈子宝占い〉というものが存在するので、とりたててめずらしい物件でもありませんが、それでも「7月中旬以降、妊娠力が高まり授かるチャンス(牡羊座)」とか堂々と書かれてしまうと、アホかいなと力がヒュル~と抜けていきます。妊娠は、排卵期に狙い打ちすればいいものではないとは言え、西洋占星術に妊娠率の高い時期を告げられても……ねえ。同誌は不妊治療に関するまともな医療情報もたくさん掲載されていますが、合間合間にスピ&トンデモ物件を挟みこんでくるので、医師たちの真っ当なアドバイスも台無し感満載。

 ネタ感が強いぶん、まだマシかと思えたのはスピリチュアルゲイカップルを謳うトシ&レティが、妊活のお悩みにスピ論理で答える1ページのコーナー。「波長」「月のパワー」と言っておけばそれなりにまとまるような気がするご回答は、暑さで朦朧とした頭にもすんなり入ってくる、薄く浅~い内容です。

 ちなみにこちらで紹介されていた「babyを呼ぶ法則」今月のおすすめは「かに座の新月から48時間以内に願い事を書き出し、ダーリン度ラブラブし(原文ママ)、花を飾ったり裁縫をしたり家庭的な作業を多くする」なんだとか。これって、読者や広告出しているクリニックから、「ふざけるのもほどほどに」ってクレームこないんですかね?

1 2 3

山田ノジル

自然派、エコ、オーガニック、ホリスティック、○○セラピー、お話会。だいたいそんな感じのキーワード周辺に漂う、科学的根拠のないトンデモ健康法をウォッチング中。当サイトmessyの連載「スピリチュアル百鬼夜行」を元にした書籍を、来春発行予定。

twitter:@YamadaNojiru

Facebook

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

コウノドリ(23) (モーニング KC)