エンタメ

高嶋ちさ子の暴言は“毒舌”? 戦慄の笑えないエピソード

【この記事のキーワード】
高嶋ちさ子Instagramより

高嶋ちさ子Instagramより

 7月18日放送の『1周回って知らない話』(日本テレビ系)にヴァイオリニストの高嶋ちさ子(49)が出演する。番組ではもはや世間でお馴染みとなっている高嶋ちさ子の毒舌っぷりにフォーカス。放送後は再びネットが大荒れになるかもしれない。というのも、高嶋ちさ子の過激発言が炎上するのはもはや定番化しているからだ。

 もっとも話題になったエピソードといえばやはり、“ゲーム機バキバキ事件”だろう。高嶋ちさ子には二人の息子がいるが、ゲームを買い与えたところ、息子が約束した時間を超えてゲームを続けていたため、怒った高嶋ちさ子はゲーム機をバキバキに折ったのだという。このエピソードを彼女が2016年2月の「東京新聞」コラムに綴ったところ、ネット上で批判が続出する事態になった。

 高嶋ちさ子は良くも悪くも感情表現が激しいが、本人もそれを取り繕おうとはしていない。2015年9月にTwitterに投稿したエピソードでは、息子が運動会の徒競走で3位になったことでキレまくり、他のママたちは近づけなかったそうだ。ちなみに2017年5月放送の『ぐるぐるナインティナイン』(日本テレビ系)では、徒競走で1位じゃなかったら子どもを家に入れないと語っている。教育方針は各家庭それぞれだが、厳しいというかなんというか……。

 2014年8月には「昨日キレて破った子供の日記と宿題。私が破いたから、私に修復の義務があるのか、破く気持ちにさせた息子が修復すべきか…」と投稿し、Twitterユーザーからは“お前が直すべきだろ”と総ツッコミが入ったこともある。2016年1月には、発表会を控えているという子供に関して「今『練習で間違えたくらいであんなに怒るんだから、発表会で間違えたら殺すんでしょ』と泣いてます」と実況ツイート。子どもに同情の声が続出していた。さすがに殺しはしないと思うが。

 そして2017年10月の『1周回って知らない話』(日本テレビ系)で放送された、彼女がプロデュースする音楽ユニットのリハーサル風景もまた物議をかもした。高嶋ちさ子はまずメンバーの私服に辛口のダメ出し。練習中には「遅いんだよ、何度もやらせるなよ! ボケ!」などと暴言まじりの説教。新人のメンバーには「あれじゃ使い物にならない。戦力外通告」と厳しく宣告し、本番1週間前にメンバーを入れ替えた。同放送にも“パワハラでは”といった指摘が続出したが、高嶋ちさ子の辞書にその文字はなさそうだ。

 暴言を“毒舌”と表現するテレビ番組もどうかと思うが、現状では高嶋ちさ子の暴言がエンタメコンテンツとして成立するのも事実。今回の『1周回って知らない話』には高校時代の恩師が登場し、知られざる秘話を明かすそうである。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。