エンタメ

木村拓哉が過去最大級の“SMAP匂わせ”発言! 本田圭佑の言葉を引用してSMAP愛を伝えた?

【この記事のキーワード】
木村拓哉 Johnny’s netより

木村拓哉 Johnny’s netより

 7月13日に放送されたラジオ番組『木村拓哉のWhat’s UP SMAP』(TOKYO FM)で、木村拓哉(45)がSMAPを匂わせるような発言をしていたとファンの間で騒動になっている。番組開始からすぐ、木村拓哉は「2018 FIFA ワールドカップ ロシア大会」について話しはじめた。「日本のイレブンの皆さんが奮闘した試合は、すべて観戦させていただきました。ライブで」と、深夜放送の時でもしっかりリアルタイムで日本代表の試合を見たそうだ。

 スポーツの熱さを再認識したという木村拓哉だが、その中でも本田圭佑選手(32)の言葉が心に残ったという。

<本田選手もおっしゃっていましたけど。“ほんとにこのチームが好きだった、好きになれた”っていう。それってきっとピッチ上だけじゃなくて、ピッチに立ってなかった選手も含め、スタッフも含めの話なんじゃないかなっていうことがすごく頭の中にふわっと出てきて……>

 本田圭佑選手のこの発言は、日本代表がベルギー代表との戦いで敗れた後に残したものだ。本田圭佑選手は「4年後は見れない」と代表引退を示唆し、「本当に選手をみんな好きになった。こんなに好きになれると思わなかったくらい好きになった」「そういう感じで今後も人生を歩めると、いろんな人を好きになれるかなって思うほど」と、チームへの想いを明かしていた。この場面に涙したサッカーファンは多かったのではないだろうか。

 さて、木村拓哉が本田圭佑選手の上記発言を引用したことにより、ファンたちはやはりSMAPを想起せずにはいられなかったのだろう。ネット上では「チーム=SMAP。みんなでまたやりたいんだよね……」「SMAPを好きなんだろうなー」「SMAPの仲間とスタッフを重ねて言ってたのかな」「メンバーだけじゃなく事務所のスタッフも好きと言いたいんでしょうね」といった声が多く上がっている。

 SMAP解散に際して、一部では“戦犯”扱いされてしまった木村拓哉。ジャニーズ事務所からの独立を望んだ香取慎吾、草なぎ剛、稲垣吾郎らに一度は賛成したものの、唐突に木村が事務所残留を決めて梯子を下ろしたために、SMAPは揃って移籍することが不可能になり、解散せざるを得なくなった……というストーリーだ。しかし彼らが真実を明かしていない以上、どのような経緯で解散が決定したのかは未だ不透明。香取らがジャニーズを離れての自由な活動を望んでいたことは、現在の活躍ぶりから見れば明らかだが、木村の本心はどこにあったのか――。

1 2

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。