社会

市川、柏に負けるな!「マッドシティ」千葉県松戸市の“残念要素”を徹底検証

【この記事のキーワード】

市川、柏に負けるな! 「マッドシティ」千葉県松戸市の残念要素を徹底検証の画像8

千葉県松戸市の公式サイトトップページ。「やさシティ、まつど。」の文字が躍る。

公式キャッチコピーは「やさシティ、まつど。」……

 残念要素ばかりを並べてきたが、もちろん、地元がそんな状態にただ指をくわえてフリーズしているわけではない。自治体は、「マッドシティ」ならぬ「やさシティ、まつど。」というキャッチコピーと共に、子育て中の世帯や高齢者が住みやすい環境作りに努めている。

「コスプレに優しい町」を打ち出し、活性化に取り組む動きもある(同様の試みをやっている市町村は多いが)。

 長らくほぼバリアフリー化されていなかった(!)松戸駅と駅前広場、バスターミナルも、ようやく改善されつつある。駅周辺再開発のプロジェクトもあるようだ。

 一方で、「マッドシティ」の汚名を逆手に取り、「MAD City」なる民間企業によるまちづくりのプロジェクトも進んでいる。

 さて、マッドシティの未来はどうなるのか? それとも、どうにもならないのか? 後者の可能性を危惧しつつ、しばらくはその行く末を見守りたい。

(文/ミゾロギ・ダイスケ【松戸市出身】)

1 2

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。