連載

自民党は杉田水脈氏をなぜ処分しないか たび重なるLGBTヘイトを受けて

【この記事のキーワード】
自民党は杉田水脈氏をなぜ処分しないか たび重なるLGBTヘイトを受けての画像1

トランス男子のフェミな日常/遠藤まめた

 先週発売された『新潮45』(新潮社)に、自民党の杉田水脈議員が「LGBT」支援の度が過ぎるという論考を発表した。<LGBTのカップルのために税金を使うことについて賛同が得られるものでしょうか(中略)彼ら彼女らは子供を作らない、つまり『生産性』がないのです><なぜ男と女、二つの性ではいけないのでしょうか>。彼女は過去にも学校でLGBTを教える必要はないと語るYouTubeの動画内(チャンネル桜)で、同性愛者の自殺率が高いことを笑いながら話している。

 そんな彼女にはリベラル系論者はもちろん、同じように炎上芸の目立つ足立康史議員(維新)でさえ「一緒の価値観とは思われたくない」とドン引きしているのだが、気になるのは自民党の反応だ。自民党が衆議院の比例中国ブロックで杉田氏を抜擢しなければ、彼女は現在国会議員にはなっていない。もともと弱者いじめが芸だった杉田氏本人より、それを知って抜擢した自民党の方が組織として大丈夫なのか心配になるのである。

 さっそく自民党の性的指向・性自認に関する特命委員会アドバイザーの繁内幸治氏に聞いてみた。アドバイザーはあくまでも特命委員会から求められたときにだけ応じて助言する仕事と前置きしつつも繁内氏は「個人的に杉田氏の論評には非常に違和感がある」とコメント。

 そもそも自民党は現在LGBTに関する理解増進法を作るべく動いており、杉田氏の言動は現在の自民党のタテマエ上の方針とも異なる。暴論で水を差す杉田氏の行為は自民党にとってマイナスだ。自民党は杉田氏を叱り、彼女から差別というおもちゃを取り上げなくてはいけない。

 しかし、その気配はなかったようだ。杉田氏は22日夜にツイッターで以下のような投稿をしている(※現在、ツイートは削除されている)。

自民党に入って良かったなぁと思うこと。「ネットで叩かれてるけど、大丈夫?」とか「間違ったこと言ってないんだから、胸張ってればいいよ」とか「杉田さんはそのままでいいからね」とか、大臣クラスの方を始め、先輩方が声をかけてくださること。今回も他党の議員が私が雑誌に書いた記事を切り取り

ネットに出したことで色々言われています。LGBTの理解促進を担当している先輩議員が「雑誌の記事を全部読んだら、きちんと理解しているし、党の立場も配慮して言葉も選んで書いている。言葉足らずで誤解される所はあるかもしれないけど問題ないから」と、仰ってくれました。自民党の懐の深さを感じます

 杉田氏は「自民党なんて信じてはいけない、自民党の理解促進はからっぽである」と主張しているのだ。自分ひとりで燃えていればいいものを、結果として自民党を巻き込んだネガティブキャンペーンを展開しているのである。

 現在、LGBTに関する法整備の議論は水面下で活発になっているそうだ。法律を作るのにはたくさんの人の尽力と時間が必要だが、身内の一年生議員を叱るのは法律がなくたってすぐ出来る。逆にいえば、それもできないようでは、いったい自民党が目指す理解促進とは何なのか、自民党が考える差別とは何なのかという話になる。たとえ法律ができても、ここで杉田氏を処分しなかったのであれば、そういう政党として人々は自民党を記憶するだろう。それとも自民党の理解促進とは、表向きでは21世紀の先進国のふりをして、裏ではヘイトスピーチでガス抜きさせるような、恥ずべきものなのだろうか。

遠藤まめた

1987年生まれ、横浜育ち。トランスジェンダー当事者としての自らの体験をもとに10代後半よりLGBT(セクシュアルマイノリィ)をテーマに啓発活動をはじめる。主にLGBTの若者支援や自殺予防に関わる。著書に「先生と親のためのLGBTガイド 〜もしあなたがカミングアウトされたなら」(合同出版)ほか。

twitter:@mameta227

サイト:バラバラに、ともに。遠藤まめたのホームページ

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

[amazonjs asin=”4772612718″ locale=”JP” title=”先生と親のための LGBTガイド: もしあなたがカミングアウトされたなら”]