エンタメ

剛力彩芽に“謝罪”させた「大先輩の皆様」の盛大なセクハラと侮辱!

【この記事のキーワード】
剛力彩芽に謝罪させた「大先輩の皆様」のあまりに盛大なセクハラと侮辱!の画像1

剛力彩芽Instagramより

 剛力彩芽(25)のInstagramが大きな話題となっている。ファッション通販サイト「ZOZOTOWN」を運営する株式会社スタートトゥデイの前澤友作社長(42)と交際中の剛力彩芽は、4月に女性週刊誌に交際をスクープされたことを機にInstagramにて前澤氏との交際を宣言した。前澤氏もまたTwitterで<真剣です>と交際を認め、さらには情報番組で<僕がしっかり彼女のことを守りますのでご安心ください>と語り、オープンな交際を続けている。

 個人資産約4000億円とも言われる前澤氏との交際とあって、剛力のInstagramのコメント欄やネット上の提示版には、祝福の言葉だけでなく、「お金目当て」「ファンを騙した」等の非難コメントも書き込まれた。そして先週、剛力が前澤氏と共にワールドカップ決勝戦を現地観戦したとわかる写真をInstagramに投稿した際にも、コメント欄は荒れに荒れた。

 タレントの岡村隆史(48)やキャスターの小倉智昭(71)が、テレビやラジオで「おおっぴらにするようなことじゃない」「ファンのことをもっと考えて」等の“苦言”を呈し、かねてより剛力のファンであることを公言している明石家さんま(63)も、7月22日放送のラジオ番組『ヤングタウン土曜日』で「呪いにかかったように浮ついて」とため息交じりに語っていた。そういった外野――というか業界の大物男性たち――からの声が大きかったためだろうか、剛力は7月22日、Instagramに“謝罪文”を掲載した。

<私の投稿やコメントで応援してくださっている皆さまに、ご心配をおかけしてしまい申し訳ありません。大先輩の皆さまも気にかけてくださっているのを報道で目にしました。ありがとうございます。皆さまからのコメントもしっかりと読ませていただいてます。>

 <厳しいご意見やアドバイスを真摯に受け止め>自分の考えをまとめたという剛力は、資産家と交際しているけれども女優業を引退するつもりではないという意味だろう、<改めて、私はお芝居が大好きです>と仕事への情熱を綴っている。そして、<技術的な面の成長だけではなく、人間的な内面の成長をしなければ、本当の意味での自分の目指す役者にはなれない>と感じていること、<彼>こと前澤氏と過ごす時間には<普段経験することのできない体験や、出逢うことのない人との出逢い>があり、<その経験が自分の成長に繋がっていくように毎日を過ごしていきたい>のだと記した。つまり彼女自身は、決して玉の輿にのれそうだから仕事を蔑ろにするような気持ちではなく、前澤氏との交際が仕事にも良い影響を与えられるよう、意識しているということだ。

 そしてファンに向けて、<今、私がここにいられるのは、紛れもなく皆様のお陰です。与えていただいた環境やチャンスを無駄にせず、お仕事でもプライベートでも自分のできることは諦めずに全力で吸収しやり遂げ、足りないところがあれば勉強し、少しでも皆さまの笑顔につながるようなことがしたい、というのが今の私の答えです>と綴っている。

 また、「役者としてプライベートを見せることがどうなのか」という意見が寄せられたことについても、剛力は自らの価値観で答えた。

<自分の身の周りに起こる出来事は自分のお芝居とも表裏一体で、人間的な成長にとっても大切な要素です。そんな一瞬一瞬を感謝の気持ちで投稿できたらなと思います>

 しかし一方で、今までのインスタ投稿は<このあとすべて削除>し<心機一転>するという。今回彼女が自分の言葉で説明した通りの意図であれば、削除の必要はないように思うが、削除しなければならない事情もあるのだろうか。

 反響はかなり大きいようで、この“謝罪”投稿に付いたコメントは3000件以上に上る。「消さなくてもいいんじゃないかな?? 心機一転する必要もないはず!」「批判する意味がわからない 息抜きにサッカー観に行くの何が悪いの?」「削除する事ないよ」と剛力を激励するコメントが圧倒的に多いのだが、中にはやっぱり「ファンに失礼 馬鹿に、してる。恋愛1本なら仕事辞めろ。仕事1本なら別れろ」と非難めいたコメントもちらほらある。

 小倉智昭や岡村隆史、明石家さんまらが“苦言”を呈した投稿のコメント欄は、炎上と呼んでさしつかえないような中傷コメントが複数あったとはいえ、PRコメントも含めその数は700件前後。今回の“謝罪”投稿へのコメント数のほうがはるかに多い。

 それにしても、なぜ、小倉智昭や岡村隆史、明石家さんまらは、剛力彩芽のオープンな交際に“苦言”を呈したのだろうか?

1 2

中崎亜衣

1987年生まれの未婚シングルマザー。お金はないけどしがらみもないのをいいことに、自由にゆる~く娘と暮らしている。90年代りぼん、邦画、小説、古着、カフェが好き。

@pinkmooncandy

バナナ&ストロベリー

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。