エンタメ

市原隼人の家庭的な側面は意外? 家事・育児・趣味も満喫する若き父親像

【この記事のキーワード】
市原隼人 Instagramより

市原隼人 Instagramより

 8月1日放送の『今夜くらべてみました』(日本テレビ系)に、“東京に染まらないピュアなイケメン”として市原隼人(31)が登場する。「料理男子という意外な一面」にスポットが当てられるようで、いわく市原隼人は「朝からこだわりの料理を作ってくれる完璧イケメン」なのだという。市原隼人は2014年にタレント・モデルの向山志穂(32)と結婚し、同年8月に第1子の女児が誕生。翌年には向山が市原隼人の父親ぶりについて、「仕事がないときは、基本的に家のことを全部やってくれる」と明かしていたこともある。

 それゆえ、市原隼人ファンの中にも彼を“イクメン男子”として支持する人は少なくないようだ。昨年5月に市原隼人はInstagramで、朝食づくりでのちょっとした親子交流を紹介。「朝、オムレツを作ろうとしていたら、卵が割りたくて『卵やる~』と言うので『一緒にやろうね』というと…。失敗してこぼしてしまいました」と綴っている。

 卵を落として「卵… ごめんなさい…」としょんぼりする娘に、市原隼人は「そうね。一番大事なのは失敗した今どう思うかだよ? もぅ、やめる? まだ、やりたいですか?」と聞いたそうだ。すると娘は泣きながら「やりたい」と答え、再び卵割りに挑戦。そんな娘の姿が「ドキッとするほど胸に沁みた」「小さな子は毎日が挑戦で、目をでかくして色んな事にむかう姿から学ぶ事が本当に多く、僕が成長させてもらっています」と感動したという。これにはコメント欄も感動・絶賛の嵐であった。

 そもそも市原隼人の料理好きは、結婚前からファンの間では広く知られていた。2010年にも自身のブログで、こだわりの手料理を公開。「大好きな刺身+サラダ+冷奴+野菜炒め+ワンタン玉子スープ+カレー」というボリューム満点な夜ご飯を作っている。その料理スキルは一朝一夕の腕前ではないのだ。

1 2

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。