エンタメ

広瀬すず主演の映画版・土屋太鳳主演のドラマ版『チア☆ダン』、脚光を浴びるも閉ざされた全米制覇6連覇の“夢”

【この記事のキーワード】
広瀬すず主演の映画版・土屋太鳳主演のドラマ版『チア☆ダン』、脚光を浴びるも閉ざされた全米制覇6連覇の夢の画像1

TBSの『チア☆ダン』公式サイトより。主演・土屋太鳳のほか、石井杏奈、佐久間由衣、山本舞香など今をときめく若手女優が出演している。

 7月13日、人気若手女優・土屋太鳳の主演でドラマ『チア☆ダン』(TBS系)がスタートした。本作は、2017年3月に公開された広瀬すず主演の映画『チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~』の9年後……というところから物語が始まる。

 映画で舞台となったのは「福井中央高校」だが、ドラマ版で登場するのは、それとは別の「福井西高校」。全米制覇を成し遂げた福井中央高のチアダンス部「JETS」の打倒と全米制覇という夢を掲げ、少女たちが、その「できっこない」夢に向かって挫折・困難を乗り越えながら突き進んでいく……というさわやかな夏の青春ドラマだ。

 もともとの映画版は、実話をベースにした物語で、舞台は福井県福井市に実在する「福井県立福井商業高等学校」。2009年3月、同校チアダンス部「JETS」はなんと、チアダンス本場の全米選手権において総合優勝を勝ち取る。同作はこの実話がもとになっているのだが、実際の「JETS」はその後も快進撃を続け、2017年には、前人未到の全米選手権5連覇を成し遂げている。

 しかし、実在の「JETS」の連覇は、5連覇で途絶えてしまう。毎回出場していた米フロリダ州オーランドで開催の全米選手権において、参加していた部門への日本からの推薦枠が、2018年よりなくなってしまったのだ。JETSのお膝元である福井県内普及率73%を誇る地方紙・福井新聞の2018年1月6日付、そして2月24日付の電子版によれば、詳細は以下の通り。

 例年ならば、ポン部門・チアダンス部門の国内大会1~3位が、「日本チアダンス協会」の推薦で、米オーランドでの全米選手権に出場するのが常であった。しかし2018年より、全米選手権への推薦チームを決める権限が、同協会から別団体に移行。さらに、JETSが出場していたチームパフォーマンス部門が、アメリカ側の意向でそもそも日本からの推薦枠がなくなってしまう。こうして、JETSの同大会6連覇の道は閉ざされてしまった、というわけだ。

 全米制覇の夢を絶たれ、一時はアメリカ行きを諦めかけたJETSメンバーたち。そこで、「先輩たちと同様に全米制覇を目標に掲げ、日本一も勝ち取った選手たちの頑張りを無駄にはしたくない」と、JETS顧問の五十嵐裕子教諭(ちなみに映画では天海祐希が熱演)と日本チアダンス協会がアメリカ各地の大会に出場を打診。最終的に、カリフォルニア州を中心に全米で、チアダンス・チアリーディングの大会・講習会を開催している団体「JAMZ」がラスベガスで開催した大会「JAMZ ALL STAR DANCE NATIONALS」への出場にこぎつける。そして見事、同大会チアダンス部門に当たる「バラエティー部門」(18歳以下)で優勝してみせたのだ。

 異なる大会とはいえ、米国内で行われた大会で優勝し、チームとしての面目は保ったものの、やはり全米選手権での優勝の重みと比較すると、軽量感は否めなかったのではなかろうか。

1 2

ロボティア編集部

人工知能(AI)、ロボット、ドローン、IoT、ブロックチェーンなど、テクノロジー関連のニュースを配信する専門メディアを運営。国内外の最新技術動向やビジネス情報、カルチャー・生活情報なども各メディアに寄稿中。

サイト:ROBOTEER

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。