小林麻耶が「海老蔵さんとは、家族です。何もありませんから!!」と完全否定した覚悟

【この記事のキーワード】

 それでも、そして結婚報告をしても、「海老蔵にフラれたからだ」という報道が続く……。本人がどれだけ否定したところで、自称“知人”や“歌舞伎関係者”からの「~だそうですよ」という密告が週刊誌に相次ぐのだから、もう何を言っても無駄なのかもしれないが、こうした色恋報道がどれほど小林麻耶のプライドを傷つけてきたかは想像に難くない。

 まして小林麻耶は妹・麻央のことを、これ以上ないほど深く愛してきたことで知られている。にもかかわらず、妹の家族を乗っ取ろうと画策しているかのような記事をいくつも書かれたことは、相当に屈辱的であっただろう。

 たとえ根も葉もない噂話であっても、あたかも事実であるかのように「最低だな」「やっぱりね」といったコメントつきで、いつまでもweb上には彼女や海老蔵に関する週刊誌記事が残る。

 小林麻耶がブログで<何もありませんから>と完全否定の文章を投稿した後、海老蔵もブログを更新し、麻耶のブログを引用したうえで<たしかに私とは正反対の感じの方ですよ。麻耶さん怒るのわかるよ>と綴った。何事にも動じない豪胆な性格のように見える海老蔵もまた、あらぬ邪推に傷ついてもきただろう。

 曖昧に微笑んでスルーするのではなく、自らの言葉で報道に「NO」を突きつけた小林麻耶。それはマスメディアと持ちつ持たれつの関係を保つ必要性のある仕事をしている彼女にとって、勇気と覚悟のいる行動だっただろう。しかしそれでも我慢ならないほど、彼女や彼女の家族に対して失礼な報道だったことは間違いない。

1 2

「小林麻耶が「海老蔵さんとは、家族です。何もありませんから!!」と完全否定した覚悟」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。