エンタメ

辻希美はもう“炎上”していなかった! アンチスレから「批判殺到」を生む無理やり感

【この記事のキーワード】
辻希美はもう炎上していない! アンチスレから「批判殺到」を生む無理やり感の画像1

辻希美Instagramより

 ママタレントが妊娠中、子育て中のエピソードをネットで発信するたび、“非常識”と叩かれ炎上するという流れを定着させたのは他ならぬ辻希美(31)だろう。いわば大御所ママタレの彼女は現在、第四子妊娠中。年末には出産の予定だという。

 7月に都内で開催されたイベントに登壇した夫・杉浦太陽(37)は、司会者に「ラブラブですね」と水を向けられ、「波がありましたが、もう1回燃え上がる努力をしましたから」と赤裸々に答えて会場を沸かせた。円満な夫婦仲を維持する秘訣はスキンシップだそう(https://wezz-y.com/archives/53441)で、安定感抜群の夫婦タレントであるが、妊娠中でも辻希美の“炎上”ネタを扱うネットニュースは容赦ない。

 最近はブログと並行してインスタも積極的に更新している(ほぼブログと同じ)辻ちゃんだが、今ホットな炎上ネタとなっているのは、ハンバーガーを食べたと報告するブログ投稿(https://ameblo.jp/tsuji-nozomi/entry-12394141066.html)。

<今日のお昼ご飯は
CielAmourのバーガーをテイクアウトして
お家でみんなで食べました>

<私は家にあったタバスコをかけて
食べたょー
最高最高>

 『CielAmour』は辻ちゃんの母親が切り盛りするハンバーガー店である。広告効果抜群のタレントとして家族の店をPRする、しっかり者の辻ちゃんだ。ところがこの投稿に「妊婦がタバスコなんて…」と批判が集まっているとネット記事にはある。

「妊婦なのに、食生活見直さないね!辛いタバスコたんまり掛けたんじゃない」
「妊娠中って辛い系食べても大丈夫なんですか?」
「妊婦さんがタバスコなんてかけていいの?」

などの声があるという。

 だがちょっと待って欲しい。本当に辻ちゃんは叩かれているのだろうか? もちろん過去には「弁当にウインナー使いすぎ」「結婚式で白い服着るな」「自転車4人乗りはやめろ」などなど、ブログをアップするたびツッコミが入り、ネットでも大きく騒がれていた時期はあった。しかしさすがに三人の子育ても板につき、ママとして成長した彼女に炎上ポイントを探そうにもネタが少なくなってきたのか、かつてほど辻ちゃんが燃えることはなくなった印象だ。

 一体どこで炎上しているのか? 批判的な書き込みを探してみると、“アンチ”が集う特定の掲示板と、特定のポータルサイト上にしかなかった。ためしにツイッターを見てみると「辻希美も大変だなぁ。ハンバーガーにタバスコかけただけで叩かれるなんて」と同情の声が寄せられ、他の掲示板でも「文句言う人見なきゃいいのに。かわいそう。個人の自由だよ。」「うるせー(笑)ほっとけよ」と、辻ちゃん叩きにうんざりしている。皆、食傷気味なのである。くまなくネットを巡回してわかったのは、2018年夏現在、“辻ちゃん叩き”は、以下のサイクルで回っているということだ。

辻希美がブログやインスタにネタをUP
→特定の掲示板の辻ちゃんアンチスレに批判が書き込まれる
→それを拾って特定のネットニュースサイトが記事にする
→その記事がポータルサイトに配信され、ポータルサイトのコメント欄に批判が書き込まれる

 アンチスレの書き込みを使い“炎上”、“批判殺到”などとするのは、さすがに盛りすぎだろう。

 そして現在は、辻ちゃんアンチがその狭量を叩かれるという新潮流が生まれ始めている。たとえば、7月31日に辻ちゃんがブログで「くら寿司」に行ったことを綴った際、アンチスレで「自分が楽したいだけ」と批判が書き込まれたことがネットニュースに。するとアンチスレ以外の場で、「楽して何が悪いんだ」「そんなに他所様の家の食卓事情が気になるかね?あんた達は自分が批判したいだけ…なのでは?」「え~!! 365日これなら問題だろうけど、たまになら良くない?毎日美味しそうなご飯作ってるわけだし…」「普段の彼女の料理と比べたらうちのほうが酷いもんだと思う(笑)妊婦さんだし時々楽してください」と、辻ちゃんの批判に対して疑問を呈するコメントや、辻ちゃんを応援するコメントが多く見られた。長らく辻ちゃんを見つめ続けてきた筆者にとっては興味深い流れだ。

1 2

ブログウォッチャー京子

1970年代生まれのライター。2年前に男児を出産。日課はインスタウォッチ。子供を寝かしつけながらうっかり自分も寝落ちしてしまうため、いつも明け方に目覚めて原稿を書いています。

twitter:@watcherkyoko

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。