西内まりやも怒りあらわ “セクシー路線転向報道”というセクハラ

【この記事のキーワード】

「東スポWeb」以外にも様々なメディアが、“Instagramの写真がセクシー=セクシー路線転向”という内容の記事を出しているが、この論調はさすがに安直すぎるのではないだろうか。確かに西内まりやのInstagramを見てみると、露出の高い服装の写真が多いが、だからといって男性ウケを狙った露骨なセクシー路線とは違うように見える。海辺での水着ショットや、スポーティーな装いでのヘルシーな肌見せなど、女性誌に載るようなオシャレな写真という印象だ。夏らしい季節感のある写真を、何がなんでも「セクシーだ」と騒ぎ立てるのは、もはや下世話な願望を含んだ“セクハラ”そのものであり、こうした世間への反論が西内がインスタで表明した怒りのコメントではないだろうか。

 10代からモデルとして活躍し、2015年には「10代の女性がなりたい顔」でナンバーワンにも輝いている西内。8頭身のプロポーションも抜群でファッションや美容関係にも詳しく、もともと女性人気も高かった。今後はセルフプロデュースで活動し、女性ファンを味方につけた再ブレイクに期待したい。

(ボンゾ)

1 2

「西内まりやも怒りあらわ “セクシー路線転向報道”というセクハラ」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。