エンタメ

『サバイバル・ウエディング』吉沢亮のひとり勝ち状態になった 夏ドラ・ブレイク合戦

【この記事のキーワード】

 吉沢亮は、今年だけでも『銀魂2 掟は破るためにこそある 』や『BLEACH』など8本の映画に出演し、スクリーンでの活躍が目立った。いわばドラマ『サバイバル・ウエディング』は、満を持して吉沢亮が地上波でその魅力を知らしめる絶好の機会となった。しかも吉沢亮は今クール、2本の連続ドラマを掛け持ちしている。もうひとつはテレビ東京系で放送中の『GIVER 復讐の贈与者』で、こちらは主演だ。

 バラエティなどのトークでは、“ナルシストキャラ”も確立している吉沢亮。バラエティ番組や映画の舞台挨拶で、「自分はかわいい」「中学時代は死ぬほどモテた」など自画自賛のナルシスト発言を繰り返しているが、「吉沢亮なら仕方ない」「これだけイケメンなら認めるしかない」とポジティブに受け取られているようだ。
 
 来年は連続テレビ小説『なつぞら』(NHK)に、ヒロインの広瀬すず(20)に恋心を寄せられる役で出演することも決定している。今年から来年にかけて、吉沢亮の役者としてのステージは間違いなく何段か上がりそうだ。

(ボンゾ)

1 2

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。