ビジネス

日本のタクシーも見習ってほしい。ソフトバンクが出資したタイの「ライドシェア」に乗ってみた。

【この記事のキーワード】

タクシーより快適だが、混雑時の料金は「跳ね上がる」

 ライドシェアの乗車体験は、おおむねタクシーより好印象だ。口頭で目的地を伝えるのは日本語でも難しいときがあるが、ライドシェアは事前にアプリで指定するので、ドライバーは最初から行き先を把握しており、説明不要だ。

 代金の支払いがアプリ内で完結するという安心感も大きい。バンコクのタクシーはかなり近代化しているとはいえ、ぼったくりの被害もゼロではないとされるだけに、旅行者にとっては気になる点だ。

代金の支払いはアプリで完結。車内で金銭のやりとりは発生しない

代金の支払いはアプリで完結。車内で金銭のやりとりは発生しない

 サービスも良い。ライドシェアのドライバーは愛想が良く、車内も清潔だ。その理由は、乗客がドライバーを評価する機能があるためだ。評価の低いドライバーは配車の優先順位が下がり、自然淘汰されていくという。

 これらの特徴から、ライドシェアはいわゆる「白タク」を大幅に改良したものと理解してもよいだろう。旧来の常識では、白タクより正規のタクシーのほうが安心だった。だがシェアリングエコノミーでは、テクノロジーの存在を前提にシステムを見直すことで、その常識を覆そうというわけだ。

 ただし、いいこと尽くめではない。帰国日にホテルから空港までGrabで行こうとしたところ、料金はなんと900バーツ。相場の3倍以上に跳ね上がっていた。ライドシェアのシステムでは需要と供給のバランスがリアルタイムにわかることから、利用者の混み具合によって料金は大きく変動するのだ。

 また、ライドシェアは世界各国でタクシー業界と競合しており、ライドシェアへの規制を強める国も出てきている。日本のようにタクシーのサービス水準が高い国では、ライドシェアよりもアプリによるタクシー配車が向いているとの指摘もある。

 一方でライドシェアは、個人が副業として参入しやすく、公共交通機関の廃止が進む過疎地での活用は有望視されている。2020年には4000万人規模が見込まれる訪日外国人にとっても利用価値は高そうだ。日本でも規制緩和の方向に進むかどうか注目したい。

1 2

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。