エンタメ

小室圭さん渡米のタイミングで報じられた“現在のままでは納采の儀は行えない”の真意は

【この記事のキーワード】
『サンデー毎日増刊 おめでとう眞子さま 小室圭さんとご結婚へ 眞子さま 佳子さま 悠仁さま 秋篠宮家の育み』

『サンデー毎日増刊 おめでとう眞子さま 小室圭さんとご結婚へ 眞子さま 佳子さま 悠仁さま 秋篠宮家の育み』

 秋篠宮家の眞子さま(26)とのご婚約が延期になった小室圭さん(26)が7日、予定されていた留学のため米国へ出発した。国内の法律事務所にパラリーガルとして勤務していた小室さんは、今月からニューヨーク州のフォーダム大ロースクールで法律を専門的に学び、卒業後は同州で弁護士資格の取得を目指す。留学では奨学金制度を利用し、授業料も全額免除されるという。

 渡米が報じられた翌8日、各新聞社やテレビ局が一斉に、秋篠宮ご夫妻の“意向”を報じた。秋篠宮ご夫妻が小室さんと彼の母親に対し、「現在のままでは納采の儀は行えない」と伝えていたことがわかった、という内容だ。納采の儀とは、皇室の正式な婚約の儀式。秋篠宮ご夫妻は、これを天皇皇后両陛下にも報告したという。

 これまで小室さんと眞子さまの婚約については週刊誌がたびたび報じてきた。ふたりの結婚に暗雲が立ち込めることとなった端緒はご存知の通り、昨年12月に「週刊女性」(主婦と生活社)が報じた、小室さんの母親と元婚約者X氏との金銭トラブル。小室さんの母親はX氏に400万円の借金があり、まだ未返済だというものだ。

 それ以降、この問題について秋篠宮家と小室さんサイドで度々話し合いが行われていることを「週刊女性」のみならず他の週刊誌も報じ続けてきた。7月5日発売の「週刊文春」(文藝春秋)には、小室さんの留学は秋篠宮家にとっては“寝耳に水”であったといいながらも、これは“二人を自然消滅させたい”という皇室の意向が働いているともあった。宮内庁は、小室さんの母親の金銭トラブル報道後の今年2月、婚約を2020年まで延期すると発表していたが、今回8日の報道で、婚約は延期どころか、消滅に大きく傾き始めた。

 秋篠宮家にとって小室さんの留学が“寝耳に水”だったというのは、あくまでも皇室はお互いが国内にいる状態で徐々に距離を置き、別々の人生を歩んでいくことになれば、と願っていたからである――と、8日発売の「週刊新潮」(新潮社)にはある。眞子さまのお気持ちの整理がついていない状態で小室さんは突如留学を決め、手続きしてしまったというのである。

 しかも、先んじて「女性セブン」(小学館)が報じていた通り、小室さんの留学についてフォーダム大ロースクールは7月6日、HP上にその情報を公開したうえ、あろうことか「日本のプリンセス・マコのフィアンセであるケイ・コムロを受け入れる」と記されていたという。納采の儀が執り行われていない現段階で、小室さんは正式な眞子さまの婚約者ではない。にもかかわらず大学HPにこうした表記がなされていたのは、小室さんの“自己申告”があったから、すなわち小室さんによる“ロイヤルパワー”濫用だとみられた。

 「週刊新潮」によるとこの記述は宮内庁からの指摘を受け、2週間後に削除されたというが、それでも「ミスター・コムロとプリンセス・マコは2017年9月、結婚を予定していると発表した」と言い回しを変えいまも掲載され続けている。また新潮には、こうした出来事に皇后さまも『小室さんとは、一体どういう方なのでしょう』としきりにこぼしておられると関係者が語っているともあり、もはや正式に婚約という道筋は、眞子さま以外の宮内庁の誰もが、考えてはいないように見受けられる。

 それでも小室さんは、留学後に弁護士の資格を取得すれば眞子さまと結婚できると本気で信じている、とも記事にはある。だが、金銭トラブル報道後に小室さんの母親も含めて秋篠宮家との話し合いを重ねたのは、この金銭トラブルの解決と、小室さんの経済的な安定を目指すための道筋をつけるためだった。

 だが、いまだに小室さんの母親が400万円を返済し、解決したとの報は聞こえてこない。これだけ“宮内庁関係者”の言葉があらゆる週刊誌に漏れているのに、伝わってこないということは、その解決はまだ成されていないということなのだろう。かねてより、小室さんサイドはこの金銭は借金ではなく、あくまでも贈与だったという認識にあるともいわれてきたが、やはりそうなのだろうか。

 数々の週刊誌報道をそのまま受け止めれば、ここまでの逆風でも本気で結婚できると信じる強い心を持つ小室さん、そして金銭トラブルを広く報じられてしまい、それが息子の婚約へのハードルとなっているにもかかわらず、特にこの解決に向けたアクションを起こしていない小室さんの母親。彼らは皇室にとっては“ふさわしくない相手”だったのかもしれない。

1 2

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

今日から使える! 留学&ホームステイのための英会話