エンタメ

星野源のほどよい筋肉に隠された色気…隠れマッチョぶりは田中圭以上!?

【この記事のキーワード】

 一方で、若くして大病を患った経験も。エッセイ『蘇る変態』(マガジンハウス)では、2012年にくも膜下出血で倒れ、2度の手術を経て完全復活するまでの約3年間にわたる闘病体験を生々しく綴っている。「喋ったり、歩いたりできているかどうかもわらかない」「後遺症の可能性も含め、全快の可能性は低い」とまで追い詰められていた星野は、病気のリハビリのためにジム通いを始めたという。冒頭の“肉体改造宣言”には、さらに多忙を極める自身の体調管理の意図も含まれているのではないだろうか。

 音楽活動のほか、声優、俳優、エッセイストと多彩な才能をみせる星野。放送中の初冠番組『おげんさんといっしょ』(NHK総合)は、母親役に扮した星野がゲストを“家族”に見立ててトークする音楽番組だが、プライベートでは独身だ。昨年出演したラジオ番組では「結婚はしたいです。10代20代の頃はこういう人がいいな、という理想があったけど、今は“やさしければいいっす!”みたいな」と、結婚願望についてゆるく語っていた。星野の結婚報道も、意外なタイミングで訪れるかもしれない。

1 2

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。