政治・社会

小中高生の自殺リスク高まる夏の終わり、「立ち向かわず逃げてもいい」

【この記事のキーワード】
小中高生の自殺リスク高まる夏の終わり、「立ち向かわず逃げてもいい」の画像1

Thinstock/Photo by D76MasahiroIKEDA

 9月1日は1年で最も、小中高生の自殺者が多くなる日だとされる。内閣府が2015年に公表した「自殺対策白書」によると、1972年から2013年の42年間に自殺した18歳以下の子どもは全国で1万8048人もいたと報告。自殺した日を365日別に調査したところ、9月1日が131人と最も多く、前後の9月2日(94人)、8月31日(92人)も少なくなかった。

 9月1日に子どもの自殺リスクが高まる理由については、年間でもっとも長期の休みとなる夏休みを終え新学期が始まるタイミングであり、学校に行きたくないという強い不安や切迫感から自殺に踏み切ってしまうことが考えられている。九州女子短期大で発達心理学を主に担当している田中敏明教授は、毎日新聞の記事内で、「自殺や不登校は、いじめや友人関係だけでなく、成績や先生との関係など複合的な要因が多い」とコメントしている。

近年では、9月1日ではなく8月下旬から二学期を始業する学校も増えており、自殺総合対策推進センターの発表によれば、小中高生の自殺のピークは9月上旬から8月下旬へと変化しているという。

「逃げてもいい」ということを教えて

 「逃げずに立ち向かうこと」を重視する価値観においては、いじめが原因であったとしても不登校という選択肢は良しとされない。2016年に公開され、日本国内で複数の映画賞を受賞し絶賛された『湯を沸かすほどの熱い愛』という映画に、その“風潮”を象徴するシーンが見られたので簡単に紹介したい。

 いじめが原因で学校に行くことを渋るようになった女子高生・安澄(杉咲花)を、安澄の母・双葉(宮沢りえ)は「逃げちゃダメ」と“強引”に説得。嫌々登校した安澄だったが、なんとか勇気を振り絞り、いじめを止めさせることに成功……というシーンがそれだ。

 双葉は余命わずかの病に侵されており、娘を見守り続けることは出来ないため、急いで娘を一回り成長させたいという背景があった。しかし、家族がいなくなっても、そして学校に居場所がなくとも、別の逃げ場所があるのではないかと模索することも出来たはずだ。

“追い込む”のではなく“受け入れる”態度が子どもの行動力を高める

 子どもが行動するためには、心から信頼できる存在が必要不可欠だ。発達心理学者のジョン・ボウルビィは、「子どもは信頼関係が築けている親などの他者を“安全基地”とすることで、様々な探索行動をとることができる」と主張している。つまり、自分を受け入れてくれる存在がいるからこそ、子どもはあれこれ行動することができるというわけだ。

前述した映画で、母親が「逃げちゃダメ」と強く言うことは、娘を「私を受け入れてくれないんだ……」と失望させかねず、母親を“安全基地”と認識させることを阻害し、探索行動(この場合は登校)する気持ちを削いでしまう可能性が高いと言える。

 このケースに絶対的な正解は存在しないが、根性論を押しつけるのではなく、相手を全面的に肯定・受容する態度を示すことが求められるだろう。

不登校は充電期間・学習機会と捉える

 また、不登校を“問題からの逃避行動”とするのではなく、“自分を見つめ直す充電期間”とポジティブに捉えることも可能だ。子どもが学校に行くのを渋るとき、「逃げることは悪いことではない」ということや、転んだ時の受け身のとり方や立ち上がり方を学習する良い機会になり得る。

 現在、「逃げずに立ち向かうこと」を忠実に守り、ブラック企業で心身を壊しながら働いている人は少なくない。そういった人に対して「辞めれば良いのに」と口にする人もいるが、小さい頃から刷り込まれてきた価値観を変えることは非常に難しい。すなわち、もっと早い段階で、「逃げる」ことについての認識に疑問を持っておく必要があるのだ。

そのうえで、複数の居場所・逃げ場所を確保するというリスクヘッジが取れれば、たとえどこかで追い詰められるようなことがあっても、最悪の事態は免れるのではないか。

 もしも今、我が子が8月上旬よりも元気がなくなっていると感じたら、「自分はあなたの安全基地だよ」というメッセージを送っていただきたい。

 

<いじめや不登校などに悩む子どもやその保護者からの電話相談を24時間体制で実施している機関>

・子ども相談支援センター(0120-3882-56)
メール相談 doken-sodan@hokkaido-c.ed.jp
・24時間子供SOSダイヤル(0120-078-310)

 

<追記>
ちなみに『湯を沸かすほどの熱い愛』は上述したシーンが気になっただけで、内容自体は非常に面白く、ラストのとあるシーンでは思わず涙してしまうほどの感動作であったことは伝えておきたい。

宮西瀬名

フリーライターです。ジェンダーや働き方、育児などの記事を主に執筆しています。
“共感”ではなく“納得”につながるような記事の執筆を目指し、精進の毎日です…。

twitter:@miyanishi_sena

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。