エンタメ

岡田准一や木村拓哉に寄せられる同情の声 “マスオさん”は本当にしんどい立場なのか?

【この記事のキーワード】

 しかし妻・宮崎あおいは現在第一子を妊娠中で、出産後は早々に女優業への復帰を希望しているという。そのサポートをしてくれるという義母の存在は、ありがたいものではないだろうか。共働きの夫婦にとっては、子どもの側におばあちゃんがいてくれれば安心だし、そのぶん仕事にも専念できる。

 そもそも岡田准一の“マスオさん化”を心配する声には、「マスオさん=しんどい立場」という“常識”が大前提にある。妻が母親にべったりで夫を蔑ろにする、妻の親が横暴な態度でいつもイヤな思いをさせられる、といったケースがイメージされるのだろう。

 しかし、実際には義家族と仲良く暮らしている家も多くあろう。もし家庭内での上下関係を強く意識する家族がいれば生活しづらいだろうが(それは義両親同居家庭に限ったことではないが)、岡田と宮崎のケースがどのようなものかは外からはわからない。

 マスオさんは一人だけよそもので肩身が狭いとか、家でくつろげなくてかわいそうだといったイメージは、あくまで“イメージ”。『サザエさん』におけるフグ田マスオさんは、波平やフネとも仲が良く、磯野家はいたって平穏な家庭に見えるではないか。岡田准一がマスオさんの名誉を回復してくれることを期待したい。

1 2

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。