政治・社会

サマータイム導入は人命を奪う トンデモ精神論で乗り切れない現実

【この記事のキーワード】
Thinkstock/Photo by millann

Thinkstock/Photo by millann

 今月に入り、与党が突然もちだしてきたサマータイムの導入案。夏の時間を2時間繰り上げることで、2020年の東京オリンピックを暑さが比較的厳しくない時間帯に行うことができるとメリットを喧伝しており、秋の臨時国会への議員立法提出を目指すとも報じられている。

 しかし、サマータイムには、睡眠障害などの健康被害、長時間労働の原因となるおそれ、システム変更にともなうコストなど、複数の問題点を指摘され、各所で反対意見が噴出している。

 そんななか、自由民主党の船田元衆議院議員が自身の公式サイト(2018年8月13日付)でサマータイム賛成論を展開。それが、戦時中の日本を思い浮かべずにはいられない、トンデモ精神論のオンパレードだったのだ。

 船田氏は前述したようなサマータイム導入によって引き起こされると指摘されているデメリットを挙げながら、このように記している。

<これまで指摘されてきたいくつかのデメリットを、一つひとつ丁寧に解決していかなければならない。長時間労働に対しては、既に動き始めた働き方改革により、かなりの歯止めが期待される。コンピュータなどの時間設定の変更は、律儀で真面目な国民ならば十分乗り切れるはずだ。余暇時間の過ごし方が、エネルギー消費の削減につながるような工夫も必要だ。一方、睡眠不足などによる健康障害問題は、むしろ個人の心構えにより、多くは解消されるはずだ>

 <律儀で真面目な国民ならば十分乗り切れるはずだ><健康障害問題は、むしろ個人の心構えにより、多くは解消されるはずだ>という、「すべては気のもちよう」な主張には、戦後73年経ってもなお竹槍を握りしめていた頃のメンタリティーが根深く日本人の心のなかに巣くっていることを再確認させられ、暗澹とした気持ちになる。

 実は、日本も1948年から1951年までの間だけサマータイムを導入したことがある(これに関しては船田氏の文章にも言及がある)。しかし、長時間労働が引き起こされるなど国民からの不満の声が多く、短い期間で廃止となった。

 8月7日放送『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日)でジャーナリストの青木理氏は、<日本人的ないまの雰囲気でいうと、帰れるのかと。つまり、早くから働いて、遅くまで働いたら、労働時間が長くなるだけの話だし>と指摘しているが、現在この国の労働者が置かれている状況を鑑みるに、青木氏の指摘が当たる可能性の方が高いと言わざるを得ないだろう。

1 2 3

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。