エンタメ

Kōki,のブルガリ大使就任に「親の14光」「裏口入学みたい」 木村拓哉と工藤静香の娘であるゆえのバッシングが加速

【この記事のキーワード】
Kōki,のブルガリ大使就任に「親の14光」「裏口入学みたい」 木村拓哉と工藤静香の娘であるゆえのバッシングが加速の画像1

Kōki, Instagramより

 木村拓哉(45)と工藤静香(48)夫妻の次女・Kōki,(コウキ/15)が、8月10日より、イタリアのファッションブランド・ブルガリのアンバサダーに就任した。同ブランドのアンバサダーに日本人が起用されるのは初めてで、また、15歳での就任は世界最年少だという。今年5月に『ELLE ジャポン』(ハースト婦人画報社)の表紙を飾りモデルデビューしたKōki,が、いよいよ本格的に動き出したようだ。

 Kōki,は8月9日、Instagramにブルガリのアンバサダー就任について投稿。夢にかける意気込みを綴っている。

<イタリアを代表する世界的なハイジュエラーであるブルガリのアンバサダーに就任する事を大変光栄に思います。私には、様々なキャラクターを演じ、人を魅了できるようなモデルになりたいという夢があります。その夢は簡単には叶わない事も知っています。ですが、勇気を出してその夢の扉を開けて、温かく迎えてくださるブルガリ ファミリーの一員として、精一杯チャレンジを続けて行きたいと思います>

 翌8月10日にはInstagramでイメージ動画を公開し、こちららは公開後わずか1日で再生数64万回を超え、現在は約77万回にも達している。まさに広告効果は絶大で、ブルガリ側もKōki,起用の成功を確信していることだろう。

 しかしネット上では早速「親の14光」「ゴリ押し」「裏口入学みたいなもんだわ」「子供には変だよ、ブルガリ」「ブルガリの値打ちが下がる」といった中傷が蔓延っている。ブルガリ好きの母・工藤静香の戦略が「あざとい」と嫌悪感を示す声や、「15歳の子供がアンバサダーをするブランドじゃないよ」という声も出ている。日本で15歳の女子がモデルとして活動するとしたら、ティーン向けファッション雑誌が妥当だとのイメージが強いようだ。

 だが、世界に目を向けて見ると、ケイト・モス(44)やリリー=ローズ・デップ(19)など、15歳前後で世界的なモデルとなり高級ブランドの広告塔を務めるケースはあり、決して早すぎる、幼すぎるということはない。リリーローズはシャネルのモデルとしてデビューし、ケイト・モスは15歳でジョン・ガリアーノのショーに出演した。

1 2

中崎亜衣

1987年生まれの未婚シングルマザー。お金はないけどしがらみもないのをいいことに、自由にゆる~く娘と暮らしている。90年代りぼん、邦画、小説、古着、カフェが好き。

@pinkmooncandy

バナナ&ストロベリー

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。