政治・社会

受付ロボットは女性差別を助長する!? 世界で起きるAIロボット「ジェンダー論争」

【この記事のキーワード】
受付ロボットは女性差別を助長する!? 世界で起きるAIロボット「ジェンダー論争」の画像1

Thinkstock/Photo by sarah5

 ショッピングモールやホテルなどの受付では、人工知能が搭載されたヒューマノイドロボットが活躍し始めている。エレクトロニクス商社の協栄産業は2017年10月、受付・案内人型ロボットシステム「レセプロイド」と「コンシェロイド」を開発。900万円で販売開始したが、今後も新製品登場の流れは続くはずだ。市場調査会社シード・プランニングは、2030年までに国内の受付ロボットの台数が900万台に達するだろうと予測している。

 受付ロボットの多くは、多言語機能や顔認識機能など高度なテクノロジーを備える傾向にある。まだまだ発展段階にあるものの、今後それら技術が進歩していけば、単純な実務という側面では人間の能力を凌駕していくかもしれない。働き手不足が深刻になるなか、施設を経営する側にとっては、人件費のコストダウンに大きな期待を寄せていることだろう。

 しかしながら、受付ロボットに関するニュースはポジティブなものばかりではない。例えば、「ジェンダー差別」を助長するという指摘がある。朝日新聞などは、受付ロボットの多くが女性の形をしているという点に着目。受付は従順な若い女性の仕事という固定観念を助長する可能性があると指摘している。それらは、西洋では受け入れがたいレベルの性的な偏見だというのだ。

 実は世界各国の大手IT企業も、ロボットやAIアシスタントの「ジェンダー問題」に敏感になっている。アップルの「Siri」、アマゾン「Alexa」やMicrosoft「Cortana」など、ほとんどのAIアシスタントは、リリース当時は女性の声が先にあり、後に男性音声バージョンが追加されている。Googleも今年5月、「グーグルアシスタント」の英語版に男性R&Bシンガーのジョン・レジェンド氏の声を追加。男女3人ずつ計6種類の声を用意している。

 AIアシスタントが表現する女性像が、強力な批判を浴びたこともある。中国の動画共有サイト「IQIYI」は、セクシーな女性AIアシスタントキャラクターを開発したが、女性を性的対象として過度に表現していると苦情が殺到した。韓国・サムスンが開発したAIアシスタント「Bixby」は、気を使って男性・女性双方の音声を選べるようにしたものの、それら説明するハッシュタグで男性ボイスを「積極的」(assertive)「自信あふれる」(confident)、とし、女性は「快活」(chipper)かつ「陽気」(cheerful)としたことで、「性的先入観に基づいている!」とユーザーの批判を浴びた。

 なお増えつつある男性音声のAIアシスタントだが、こちらもジェンダー問題にさらされている。アップルのSiriは、英国では男性の声が初期設定になっているが、これに対しても米有名大学の学者など数人の専門家から、英国の男性使用人文化の延長だろうとジェンダー的解釈をされてしまっている。

 すこし話がそれるが、ドイツ・BMWのカーナビが女性の声だったため、男性運転手の中から「女性の指示に従うのは嫌だ」という趣旨の不満が届いたという例もあるそうだ。機械の声が男性なのか女性なのかという問題は、意外とユーザー心理を左右する根が深い問題なのかもしれない。

1 2

ロボティア編集部

人工知能(AI)、ロボット、ドローン、IoT、ブロックチェーンなど、テクノロジー関連のニュースを配信する専門メディアを運営。国内外の最新技術動向やビジネス情報、カルチャー・生活情報なども各メディアに寄稿中。

サイト:ROBOTEER

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。