エンタメ

松本人志「我々はセクハラ込みでトークするお仕事」発言に見る女性差別意識と歪んだセクハラへの認識

【この記事のキーワード】
松本人志「我々はセクハラ込みでトークするお仕事」発言に見る女性差別意識と歪んだセクハラへの認識の画像1

『ワイドナショー』(フジテレビ)番組ホームページより

 2018年8月12日放送『ワイドナショー』(フジテレビ系)にて、松本人志が語った「セクハラ」への認識が波紋を呼んでいる。

 この日の番組では、日本陸上競技連盟の瀬古利彦氏によるセクハラ問題を取り上げた。瀬古氏はテレビ局関係者との酒席で女性アナウンサーに対しアンダーヘアの色をからかうような発言をしたとして問題となっているが、そのニュースを扱った一連のくだりのなかで松本人志は、『水曜日のダウンタウン』(TBS系)で『2018年でもベッカムヘアまだギリ存在する説』という企画を放送した際、ホラン千秋に対してセクハラ的言動をぶつけたら<殺すぞ>と言われたと語る。

 それは、『水曜日のダウンタウン』8月1日放送回でのこと。番組を確認すると、スタジオでのトークコーナーで松本は、ゲストのホラン千秋に対して<たまにパッってパンツ脱いだときにベッカムヘアみたいになってることあるよ。ホランもあるでしょ?>と水を向ける。それに対し、ホランは<うるさい。なんで私に聞くんだよ。聞くんじゃないよ>とツッコミ、それを受けた松本は<口悪いな。キャスターが。『聞くんじゃないよ』って。怖ぇ〜>と笑っていた。

 スタジオでは笑いが起こっていたが、昭和時代の中年サラリーマンが飲みの席で若手女子社員に向かって投げかけるレベルの程度の低い下ネタで、とてもではないが「笑芸」になっているとは言い難い。

 前述『ワイドナショー』に話を戻すと、『水曜日のダウンタウン』の放送を見ていたという小沢一敬(スピードワゴン)は、一連の発言を<でも、ホランさんがツッコんだことで、セクハラじゃなくなるじゃないですか><(ホランさんとは)関係性があるから言える>と評価する。そして、松本も自身のセクハラ発言と瀬古氏のセクハラ発言とを引き比べて、このように語った。

<難しいところでね。素人がこういうセクハラを操っちゃダメなんですよ。我々はセクハラ込みでトークするお仕事なので、それこそ『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)なんてさ、お酒飲みながら女性ゲストと喋るのに、下ネタいっさい禁止なんて成立しないんでね>

1 2 3

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。