エンタメ

ZOZOTOWN前澤社長のSNS投稿は剛力彩芽への「配慮」に欠ける? 女優らしさの規範を強制する外野

【この記事のキーワード】
剛力彩芽公式Instagramより

剛力彩芽公式Instagramより

 先月、剛力彩芽(25)交際相手のスタートトゥデイ社長・前澤友作(42)が所有する50億円のプライベートジェットで行ったW杯観戦をインスタグラムで報告。するとこれが「金持ち社長とつきあってる自慢?」「ここまでおおっぴらにする意味がよくわからない」と反感を買い、ネットで大炎上。それからというものの、剛力彩芽の一挙手一投足が集中砲火を浴びる事態となっている。

 先日は“ほろ酔い動画生配信”というファンサービスもした剛力彩芽。これまで彼女が培ってきたイメージとのギャップが大きいためか、ネットでは嫌悪感を示す声や手厳しい声ばかりが目立つものの、芸能界には剛力彩芽に理解を示す“先輩”も多いようだ。

 8月15日放送の『ナカイの窓』(日本テレビ系)にて、世の中にある無駄なモノやいらないモノについてトークを繰り広げた中居正広(45)。そこで「不祥事を叩きすぎるワイドショー出演者はいらない」と提案し、その流れで、剛力彩芽のプライベートジェットW杯観戦炎上騒動について「貧乏がひがんでるだけ」「プライベート飛行機に乗れない人たちが言ってるわけでしょ?」「俺らもプライベート飛行機乗らないじゃん。乗らないけど、なぁんとも思わない。なんでダメなの?」と言及。剛力彩芽をバッシングしたがる世間の風潮に苦言を呈した。

 中居正広に限らず、一連の騒動についてあえて火中の栗を拾いにいく芸能人は多い。お笑いタレントの上沼恵美子(63)は『上沼・高田のクギズケ!』(読売テレビ系)で、「よろしいやんか。(批判は)ひがみよ」「恋をした人がたまたまお金持ちやったんやから、しゃーない。幸せのおこぼれもらっている感じ」と、温かい目で見届けるスタンスを表明している。

 さらにネットを拠点に活動するブロガーで作家のはあちゅう(32)も、22日に自身のTwitterで「誰かの幸せな姿を見た時に、幸せな気持ちになれないのは心が歪んでるからだよ」「隠すことじゃないよ幸せ。ケチつけてくるほうがおかしいのよ」とコメントし、剛力彩芽へのバッシングに反論。じつは剛力彩芽とSNSを介して知り合い、ふたりで食事をするほどの仲にまで発展しているとか。14日にはツーショット写真も公開しており、「はあちゅうさんと剛力ちゃん、かなり意気投合してるみたい!」「最近炎上しがちなふたりだから、話が合ったのかな?」とネットで憶測を呼んでいた。

1 2

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

[amazonjs asin=”B00TDCSSBY” locale=”JP” tmpl=”Small” title=”剛力彩芽”]