エンタメ

星野源と三浦大知を結びつけたのは、思春期の「友だちいない」エピソードだった?

【この記事のキーワード】

 子どもの頃からFolderの一員として活動していたため、同級生と同じリズムで学校生活を送ることができなかったというのもあるが、レッスン場でも周囲の仲間とうまく溶け込むことができず、端っこで黙々と踊る生活をしていたという。前述『星野源のオールナイトニッポン』では、こんなエピソードまで披露している。

<みんなもう仲が良くて、ワイワイ盛り上がってて、なんかその輪に入れなくて。だから、筋トレみたいな時間とかもあったんですけど、腹筋しているときに、お腹がつっちゃったときがあったんですけど、誰にも言えずにずっとつった状態で腹筋をし続けていました。誰にもバレないように。(バレたら)話さなくちゃいけなくなるから。そうするとドキドキするわけですよ>

 昨年の出会いから急速に仲良くなり、ついには一緒に仕事をするようになった二人。今後は共作した楽曲なども聴けることがあるかもしれない。日本を代表するアーティスト同士の交流から目が離せない。

(倉野尾 実)

1 2

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。