エンタメ

堂本剛がSUMMER SONICにリベンジ出演果たす! 突発性難聴を患った不運すら音楽に昇華しようとする強い決意

【この記事のキーワード】
堂本剛がSUMMER SONICにリベンジ出演果たす! 突発性難聴を患った不運すら音楽に昇華しようとする強い決意の画像1

『音楽と人 2018年 06 月号』(音楽と人)

 8月18日から19日にかけて行われていたSUMMER SONIC 2018にKinki Kids堂本剛によるソロプロジェクト・ENDRECHERIが出演した(18日大阪会場、19日東京会場)。彼が夏フェスに出演するのはこれが初めてとなる。

 堂本剛(ENDRECHERI)は、全部で7つあるステージのうち2番目に大きいMOUNTAIN STAGEに出演。約50分ほぼMCなしで演奏し続けたストイックなステージで(最後に<ありがとうございました>と挨拶したのみ)、ツイッター上には<堂本剛さん、完全にファンク無双でめちゃくちゃ感動した。ディアンジェロかよと思った><エンドリケリー、完全にフィールドオブヘヴンで観たい案件>とのコメントも目立ち、色眼鏡で見ていた音楽好きを一発で見返したようだ。

 2018年8月20日付ニュースサイト「SANSPO.COM」では、出演の感想を<こういった場所でファンクをやることを欲していたので、新鮮で楽しいステージになりました。音楽に対しての新しい刺激となり、夏のいい思い出ができました>と語り、また、<機会があれば、夜の野外も出てみたい>と、メインステージであるMARINE STAGE出演への希望を語った。

 実は、今回のSUMMER SONIC出演は堂本剛にとってリベンジ公演となる。というのも、昨年のSUMMER SONIC 2017(8月19日、20日開催)にも出演が予定されていたのだが、同年6月に診断された左耳の突発性難聴の影響で出演がキャンセルとなってしまっていたからだ。

 また、この突発性難聴の影響により、2017年9月1日〜3日に平安神宮で開催予定だったソロ公演も中止になり、イナズマロックフェス2017(9月17日)への出演もキャンセルになっている。ちなみに、平安神宮でのソロ公演も、イナズマロックフェスへの出演も、SUMMER SONIC同様に、これからリベンジ出演することが決まっている(平安神宮は8月31日〜9月2日、イナズマロックフェスは9月24日)。

 今年6月にはNHKホールで2年ぶりのソロライブを行うなど、音楽活動をかなり本格化させているが、しかし、耳の病気が完治したわけではない。

 NHKホールのライブのMCでは現在の病状について話す場面もあったのだが、そこでは、<ドラム缶の中でガンガン鳴らされているみたいな感じ>(2018年6月8日付ニュースサイト「ORICON NEWS」より)という状況は脱したものの、それでも、<ドラム缶から首は出ている。この辺(首の下)から飛んでくるような感じ>(前掲サイトより)と語り、違和感は現在でも残り続けていると明かしている。

1 2

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。