“ビットコイン事件”後もバブルははじけていない!? これから始める仮想通貨

【この記事のキーワード】

ビットコイン事件後もバブルははじけていない!? これから始める仮想通貨の画像2

取り引きに際しての“手数料”を考慮せよ

 ここまでは仮想通貨を取り巻くさまざまな状況について述べてきたが、それでは実際に仮想通貨を取り引きするすにはどうすればよいのだろうか。といっても仮想通貨取り引きの開始の仕方至って簡単で、国内の取引所に口座を開設し、投資資金を入金。あとは気に入った銘柄の仮想通貨を購入するだけだ。

 しかし、現在運営されている国内の取引所は20程あり、その中のどの取引所で仮想通貨投資を始めたらよいのかは、初心者では選択に迷うところだろう。

 取引所の選択に迷った場合、ポイントとしては大きく6つが挙げられる。以下に挙げるこうしたポイントをチェックしながら、最も自分に適した取引所を選択するとよいだろう。

・取引時に発生する手数料
・スマホアプリの有無
・取り扱い仮想通貨の種類
・セキュリティー体制、サポート体制
・取り引きシステムの使いやすさ
・運営会社の信頼性と規模

 最も考慮したいものは、取り引き時に発生する手数料だ。期間限定で無料の場合もあれば、800円程発生する場合もあり、利益に直接影響するコストとなるため、注意深く検討しよう。

 また、取引所によって取り扱う仮想通貨の種類が異なるのも注意が必要だ。注目している銘柄に投資したくても、取引所での取り扱いがなければ、当然ながら投資することはできない。取扱銘柄の種類の多さと併せて、他のチェックポイントとのバランスを見ながら考えるとよい。

 その他、仮想通貨ならではの重要ポイントは、取引所の運営会社の信頼性とその規模だ。仮想通貨はいまだ発展途上にある存在なのであり、先述した「コインチェック事件」のように取引所へのサイバー攻撃や不祥事により、自分の資産が脅かされる可能性がある。万一の際の保証や運営会社が資産を保証できるであろう規模を有しているかどうかは、取引所を選択する上で重要な要素といえる。

 このように、どの取引所がよいか、という問題は投資家のスタイルや考え方によってさまざま。しかしながら、仮想通貨は注目度の高い市場のため、投資家を獲得するために各社サービスの拡充、信頼性向上には相当な力を入れているのもまた事実なのである。

 仮想通貨投資に興味を持っているのであれば、危険性ばかりを意識せず、無理のない範囲で挑戦してみてはいかがだろうか。

(文/橘 鈴司)

1 2

「“ビットコイン事件”後もバブルははじけていない!? これから始める仮想通貨」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。